ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ドレスコーズ、「1」ツアーファイナル超満員&同ツアーの映像化を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ドレスコーズがニューアルバム「1」のリリースツアーである「Tour 2015 “Don’t Trust Ryohei Shima”」ツアーファイナルを1月25日東京・新木場STUDIO COASTで行い、ライブ終演後には本ツアーの模様そして、2014年の志磨遼平を追ったDVD「“1”year(仮)」の発売を発表した。

「Tour 2015 “Don’t Trust Ryohei Shima”」は、1月17日大阪公演を皮切りにスタートしたニューアルバム「1」のリリースツアーだ。ツアー内容に関して一切告知されないままツアー初日を迎えた本ツアー。昨年9月より志磨遼平単独のソロプロジェクトとなったドレスコーズがどのようなライブを行うのか様々な憶測が飛び交う中でのライブ開催となった。ツアーファイナルである東京公演を前に開催された大阪・名古屋公演ではツアーに関する情報のSNS投稿が禁止されており、ツアー内容は一切漏れるこのとのないままツアーファイナルを迎えていた。

超満員となった新木場STUDIO COASTに流れるOPENING BGMが突如鳴り止むと、ラジカセを掲げた志磨遼平が登場し、会場は大きな歓声で包まれた。志磨がスイッチを押すと会場にはドラム音が鳴り響き、さらに運び込まれ再生された2台のラジカセによって多重再生された「ジャーニー」からツアーファイナルがスタート、会場のボルテージは一気に最高潮へと高まった。

注目が集まるドレスコーズのライブは4名サポートメンバーを従え行われた。注目されるサポートメンバーにはバンド・おとぎ話からギター・牛尾健太、ドラムス・前越啓輔、ベースにはニューアルバム「1」にも参加したバンド・toldの有島コレスケ、そしてキーボードには「1」で楽曲の共同アレンジを行った長谷川智樹が参加した。ニューアルバム「1」の楽曲を中心に披露しつつも、毛皮のマリーズ時代の人気曲「ビューティフル」や「愛のテーマ」等を披露するセットリストにファンは興奮冷めやらぬままアンコールを迎え、アンコールは「ゴッホ」、そして「愛に気をつけてね」で志磨遼平単独となったドレスコーズのツアー「Tour 2015 “Don’t Trust Ryohei Shima”」は幕を閉じた。

なお、終演後には本公演のライブ、そして大阪・名古屋公演は勿論、2014年4月1日“京都磔磔における初期のドレスコーズ”での移籍発表や8月17日日比谷野外音楽堂“ゴッドスピード・サマー・ヒッピーズ”、嵐の中の4人体制ラストライブ「OTODAMA’14」、メンバー脱退発表の直後に志磨遼平がひとりで出演した「MINAMI WHEEL 2014 EXTRA」、ニューアルバム「1」のレコーディングからライブリハーサルまで激動の1年間の真実を余すことなく全て収録したDVD「“1”year(仮)」を EVIL LINE RECORDS移籍1年となる4月1日に発売することが発表された。

志磨遼平単独となり、加速的に動き出す2015年のドレスコーズに注目したい。

Photo by HAJIME KAMIIISAKA

セットリスト
1. ジャーニー
2. この悪魔め
3. 人間不信
4. ルソー論
5. Lily
6. 才能なんかいらない
7. みずいろ
8. ザ・フール
9. もうがまんはやだ
10. Ghost
11. 妄想でバンドをやる(Band in my own head)
12. ビューティフル
13. 愛のテーマ
14. あん・はっぴいえんど
15. スーパー、スーパーサッド
EN
16. ゴッホ
17. 愛に気をつけてね

[サポートメンバー]
Gu.牛尾健太(おとぎ話)
Ba.有島コレスケ(told)
Dr.前越啓輔(おとぎ話)
Key.長谷川智樹

リリース情報
ライブ映像作品「“1”year(仮)」
2015年4月1日
KIBM-502 3,800円+税
本編:120分(予定)

関連リンク

ドレスコーズ Official Websitehttp://the.dresscod.es/
ドレスコーズ EVIL LINE RECORDS Websitehttp://www.evilline.com/thedresscodes/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP