ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

人気ソーイング作家・伊藤みちよさんがレクチャー! 『繕い裁つ人』手芸ワークショップに行ってきた

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


「Kiss PLUS」(講談社)にて、好評連載中の『繕い裁つ人』(池辺葵)。「このマンガがすごい!」オンナ編ランクインを果たすなど話題の本作を中谷美紀さん主演で映画化した『繕い裁つ人』が1月31日より公開となります。

『繕い裁つ人』は祖母の志を受け継いで、その人だけの服、一生添い遂げられる洋服を作り続ける。そんな南洋裁店の店主・市江と、彼女の服を愛してやまない百貨店企画部の藤井を中心に様々な人間関係を描いた優しい物語。大泉洋&原田知世主演の映画『しあわせのパン』で多くの女性の心をつかんだ三島有紀子さんが監督を務めます。

『繕い裁つ人』の見所の一つが、市江が作る世界に一つだけの洋服。レトロで暖かみを感じる生地、ヴィンテージの生地。本作で洋裁指導をしているのが、人気ソーイング作家の伊藤みちよさん。1月某実、伊藤みちよさんを招いた試写会&ワークショップが開催。練習でも本編でも使われているビスコーニュ型のピンクッションを作りました。


ピンクッション作りは、布を選ぶところからスタート。初心者さんは4枚、洋裁に慣れている方は8枚選んで、パッチワークの感覚で縫い合わせていきます。


『繕い裁つ人』をイメージした、ちょっとレトロな生地とボタンが素敵。


筆者は縫い物をするのが5年ぶりくらいだったのですが、先生に教えてもらいながらチクチク……。


なんとか完成! 自分で生地を選んで、自分で針を指したピンクッションが完成すると愛着がすごいです。愛しくて愛しくて。これから大切に使います。


伊藤先生と、記念撮影パチリ。限られた時間の中でしたが、伊藤先生の「小さな市江になったつもりで作りましょう」という言葉のとおり、皆さん夢中になって手作りの時間を楽しんでいました。そんな、物作りの楽しさ、大切さを描いた映画『繕い裁つ人』は1月31日より公開。

『繕い裁つ人』
監督:三島有紀子『しあわせのパン』『ぶどうのなみだ』
主演:中谷美紀
三浦貴大 片桐はいり 黒木華 杉咲花 中尾ミエ 伊武雅刀 余貴美子

http://tsukuroi.gaga.ne.jp

伊藤みちよさんのホームページ
http://home.c07.itscom.net/mayme/ [リンク]

(C)2014「繕い裁つ人」製作委員会

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP