ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

トリュフの香るスペアリブを豪快に手づかみで食べよう!丸ノ内のバルバラ・マーケットプレイス151

DATE:
  • ガジェット通信を≫

超優良企業のオフィスがありながら、オシャレで大人な街「丸ノ内」。そんな丸ノ内にトリュフの香る絶品のスペアリブを食べさせてくれるお店がある。

そのお店の名前は「バルバラ・マーケットプレイス151」。こちらのお店は神戸に本社をおく株式会社ポトマックが運営するお店。首都圏、関西圏に多くのお店があるため、様々な場所で美味しいスペアリブを堪能できるのだ。

もしかしたら「バルバラ」と聞くと、あの日本代表の本田選手が所属するACミランの会長の娘で、肉食系女子といわれている「バルバラ・ベルルスコーニ」という名前を思い出す人もいるかもしれない。

おそらくそんな肉食系女子として有名なバルバラさんも満足できる、そんな美味しいスペアリブが食べられるのがこちらのお店だ。

・ソースが選べる手づかみスペアリブ
こちらのスペアリブ、トリュフ&マッシュルーム、マスタード、オニオンガーリック、アップルコンフィチュール、パラペーニョサルサ、四川醤の6種類のソースから好きな物選んで注文する事ができる。

・かぐわしいトリュフの香り
今回はトリュフ&マッシュルームをオーダーした。トリュフの香りをしっかりとまとったスペアリブは、色っぽさすら感じさせる。その艶やかで香り高いスペアリブは、見るだけで唾液が溢れるほどだ。

・肉汁あふれるスペアリブ
柔らかく調理されたスペアリブはどこまでも柔らかい。またひとくち食べると、閉じ込められた肉汁とウマミが溢れ出す。そしてそこに、かぐわしいトリュフ&マッシュルームソースが合わさるのだからたまらない。

・他にも美味しいメニューたち
他にもイベリコ豚の生ハムやチョリソーなど肉好きのためのメニューがたくさん揃っている。切り立ての生ハムやサラミをツマミにサングリアやワインを楽しむ。まるでスペインのバルで肉を心ゆくまで堪能してるかのような錯覚すら覚えるお店だ。

もし肉汁あふれるスペアリブをガッツリ食べたい、そしてまるでスペインに行ったかのような雰囲気で、美味しい生ハムを堪能したい、という方は、こちらのお店を訪れてみてはいかがだろうか?

寒い冬をしっかりと乗り切れる、そんなパワーが貰えるにちがいない。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 BARBARA market place 151 新丸ビル店 (バルバラマーケットプレイス)
住所 東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング B1F
営業時間  11:00~翌4:00 / 11:00~23:00
定休日 不定休(新丸ビルに準ずる)

▼香り高いトリュフソースのスペアリブ

▼こちらはタマネギの甘みとニンニクのパンチが楽しめるオニオンガーリックソース

▼自家製のロースハムは、たっぷりとしたウマミをタマネギとマスタードでサッパリと味わえる

▼イベリコ豚の生ハムはオーダーをうけてから原木からカットされる。芳醇なウマミと濃厚な豚の甘みを感じられる

▼イベリコ豚のチョリソーはお腹に余裕があれば食べておきたい一品

▼メニューには様々な肉料理がそろっている

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
GOTRIP!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP