ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【週間TVガイド】手塚治虫の素顔に迫るドキュメント番組他

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 地上波、BS、CSを合わせれば300チャンネル時代の今、見たい番組を探すのも一苦労。1月29日(木)から31日(土)までの番組の中から本誌が選ぶ「これぞ」という番組を3つ紹介しよう。

(1)『世界・神秘の道をゆく』1月29日(火)BS日テレ 23:00~23:54

 アフリカ大陸を東西に横断、ザンベジ川を調査してビクトリアの滝を発見した冒険家デビッド・リビングストンの足跡をたどる。モザンビークの海岸からザンベジ川を遡り、ジンバブエとザンビアの国境にあるビクトリアの滝を目指す。

(2)『ドキュメント72時間』1月30日(金)NHK総合 22:55~23:20

 一つの場所に72時間、カメラを据える。今回は北海道大学の学生寮に密着。ふんどし姿で寮歌を歌い、深夜まで仲間と語り合う…。100余年の歴史を持ち400人が暮らす「恵迪(けいてき)寮」は全ての運営を学生自身が行なう自治寮だ。

(3)『戦後史証言プロジェクト・日本人は何をめざしてきたのか「知の巨人たち(8)手塚治虫」1月31日(土)Eテレ 23:00~24:30

“クールジャパン”の筆頭「漫画」と「アニメ」の出発点を切り開いた手塚治虫。敗戦直後、17歳でデビューし、生命の尊さや科学技術への疑問など、深くて重いテーマを表現するジャンルにまで漫画を高めようとした。アニメ制作で赤字が膨らんで自分の会社を倒産させても、創作への情熱を失わず、独自の生命観や未来像を描き続けた。スタジオジブリ代表の鈴木敏夫、哲学者の梅原猛、実弟の手塚浩さんらの証言から“巨人”の素顔に迫る。

※週刊ポスト2015年2月6日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
手塚治虫キャラ登場のスクラッチくじ 1等賞金は通常の10倍
ベッドに横たわって鎖骨出しこちらをじっと見つめる黒谷友香
秋の紅葉見頃時期 日光東照宮・輪王寺、箱根芦ノ湖等9か所

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。