ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【難読駅名クイズ】「撫養」「頴娃」「雑餉隈」四国・九州編

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本には1万近くの駅があり、それらの駅名は地域の歴史・地理・文化に根ざしてつけられている。旅行や出張で初めての地を訪れた際、駅名が掲げられた看板を見て「これ、なんて読むんだろう?」と首を傾げた人は少なくないだろう。四国・九州地方からピックアップした難読&珍読駅名の中から、あなたはいくつ読める?

(1)「撫養」(徳島県鳴門市)

(2)「半家」(高知県四万十市)

(3)「雑餉隈」(福岡県福岡市)

(4)「頴娃」(鹿児島県南九州市)

(5)「飫肥」(宮崎県日南市)

 答えは下に。





(1)「撫養=むや」
 古くはワカメの産地として知られ、同地にあった「もや(藻屋)」が変化したといわれる。

(2)「半家=はげ」
 頭髪とは関係なく、山の斜面や崩れそうな崖を意味する「はげ」が語源だといわれている。

(3)「雑餉隈=ざっしょのくま」
 律令時代、雑役に従事した役人の住居があったことが由来。周辺には「第2の中洲」といわれる歓楽街も。

(4)「頴娃=えい」
 エゴマ油の産地であることに由来する、海岸や川辺の「江」に由来するなど諸説あり、定かではない。

(5)「飫肥=おび」
「帯のように細長い土地」など諸説。飫肥城跡や武家屋敷など、一帯には歴史的名所が数多い。

※週刊ポスト2015年1月30日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
【難読駅名クイズ】「河堀口」「美談」「邑久」近畿・中国編
【難読駅名クイズ】「神戸」「東浪見」「大谷向」ほか関東編
【難読駅名クイズ】「上ゲ」「開発」「金手」「動橋」中部編

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP