ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

就活は「偽装された自由競争」 学歴フィルターの実態を解説

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 就活の現場で噂されるのが、大学別に採用枠を変える「学歴フィルター」の存在だ。作家で人材コンサルタントの常見陽平氏は「学歴差別はある」と断言する。その実態を紹介する。

 * * *
「学歴差別は、あります」

 STAP細胞の記者会見での小保方さん風にこう叫びたいです。いや、STAP細胞の存在は証明しきれませんでしたが、学歴差別はあるのです。

 このたび、最新作『「就活」と日本社会』(NHKブックス)という本を発表しました。2012年から2014年にかけて大学院に通ったのですが、そこでの修士論文をまとめ直したものです。この本で明らかにしたテーマは「平等、自由競争を装った差別」です。なぜ就活の選抜は不透明になるのか、なぜ学歴差別が行われるのかということに迫った1冊です。

 特に「学歴差別」に関することについてはまるごと1章その検証に使っています。いや、1冊を通じて、どの章でも学歴差別・区別については触れています。

 ここで質問ですが、皆さん、ある大学の学生がA社を受けるとします。A社のエントリー数は毎年約5000人、採用人数は50人です。この学生さんは、「誰」と競争しているでしょうか?

 普通に考えれば、自分以外の4999人が敵になります。いや、一緒に内定をする人を味方だと捉えたとしても、4950人を蹴落として、50人の枠に入る競争だと考えます。一般的にはこのように考えることでしょう。これをパターン1とします。

 しかし、これだけではありません。最低、もう3パターン存在します。

パターン2:エントリーは自由だが、学校ごとの枠があるパターン

 エントリーは自由に受け付けるものの、50名のうち、東大は5名、早慶は8名ずつ、明治は5名・・・。というように、大学によって枠を設けている場合があります。この例で言うと、例えば明治大学の学生は、同校からの応募が100名いたとした場合、95名を蹴落とし、5名に入る競争となります。つまり、ライバルは明治大学の仲間たちということになります。

パターン3:エントリーの段階で学校名、偏差値で絞っているパターン

 例えば、旧帝大クラス、早慶クラスのみ、偏差値63以上や56以上などに区切っている場合です。とはいえ、その先に大学ごとに枠があるわけではないというパターンです。

 この場合、指定した大学名や、偏差値の基準を満たした応募者が5000名中500名だった場合、450名を蹴落とし50名の中に入る競争になります。

パターン4:エントリーの段階で学校名、偏差値で絞っている上、学校別の枠があるパターン

 エントリーの段階で絞りこんでいる上、さらに大学ごとの枠があるパターンです。この場合、結局はパターン2と同じで、ライバルは同じ大学の仲間たちということになります。

 そもそも論で、2、3、4の場合、まずは企業に相手にしてもらえる大学に入るための競争というものが存在します。

 実際は、1〜4のパターンは、どれかが選ばれるだけでなく、対象により使い分けられています。上位校の学生は4のパターンで採用し、そのためにリクルーターによるフォローや、インターンシップによる早期囲い込みを行いつつ、その他の大学は1のパターンで選抜するというわけです。

 もちろん、学生にはこのカラクリは見えないのです。ただ、このように、頑張っても無駄なパターンがあることを理解しておきたいです。そして、パターン1は公平なようで競争の熾烈であることを意識しておきたいです。自由競争は、辛いのです。

 長年、就活に関する書籍や記事を書いてきましたが、書籍の方はこの本でいったんお休みです。長年、就活ものを書いてきて気づいた、疲れずに納得の行く内定に至る鉄則は突き詰めると5つで「自分の大学の就活事情に詳しくなること」「大学をとことん利用すること」「社会人に会うこと」「多様な情報に接すること」「やると決めたらやり切ること」ですね。特に自分の大学の就職事情に詳しくなることというのは、今回の記事とつながる話です。

 自分の大学はどの業界・企業に強いのか(弱いのか)。安定して内定者が出ている業界・企業はどこか。これを大学にある情報や、東洋経済新報社の四季報シリーズなどで調べてみるわけです。これで頑張っても無駄な競争を避けることができます。

 もちろん、自分の大学からは採用可能性の低い企業を受けることは否定しません。ただ、その際は、それが過酷であることを認識しておきたいです。

 このように、偽装された自由競争なのです、就活は。大人たちにとって、学生の皆さんをだますのは楽勝です。本当はどうなのか? こんなふうにちゃんと疑問を持つことを大事にしたいところです。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
金子哲雄氏 50℃洗いは経済誌掲載で流行終了のサインと語る
好かれたくて相手に合わす人は「がん」になりやすいと識者語る
香山リカ 強すぎる競争意識・目立ちたい欲は自分を苦しめる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP