ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

子育て手伝うフリし余計な手間増やすイクメン残念夫が増加中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 水曜夜10時枠のドラマ『残念な夫。』(フジテレビ系)で、玉木宏(35才)が演じるのは一級建築士でイケメン会社員の榛野陽一。インテリアデザイナーの妻・知里(倉科カナ)とは自他ともに認めるラブラブ夫婦だった。

 しかし、知里の出産を機に「残念夫」に転落していく。主婦になった知里の育児を手伝うどころか、独身時代と変わらず高いお金をかけて趣味のグッズコレクションを続け、飲み会で毎日帰りが遅い陽一に知里は不満をつのらせる。そして、ついに離婚の危機が…。お茶の間からは「あんなの序の口。顔がイケメンなだけまだマシでしょ!」との恨み節が聞こえてくる。

 ドラマ同様、「流行のイクメン夫におれはなる!」と豪語しながらなれなかった残念夫を持つのは、35才のA子さんだ。

「8才年下の夫と2年前に結婚。私の年齢のこともあって子供ができた時はふたりで大喜びしました。私は管理職なので、保育園を早々に決めて復職に意欲を燃やしていたんです。すると夫が『こんなに小さい子を預けるのはかわいそうだ。おれ、会社を辞めて主夫になる』って言い出しました。はっきり言って稼ぎは私の方が上だし、まぁいいか、と賛成したんです」

 家事や育児のことを心配せず仕事に集中できる! と思ったのも束の間、夫は1か月もしないうちに音をあげた。

「『子供から目が離せないからトイレにも行けない』、『泣き止まない』、『言うことを聞いてくれない』、『食事もまともにとれない』…と愚痴がどんどん増えていって、3か月後には『やっぱり働いてる方がラクだ!』と子供を連れてハローワークに通い始めたんです。こっちはまたイチから保活の日々でホント大迷惑。『玉木宏も子育てをできてないし男はやっぱり仕事だよ』なんて言ってますけど、あっちは顔はイイし稼ぎもイイ。ブサメンで稼ぎも私の半分のあなたとは全然違うんですけど!」

 夫婦問題に詳しい作家の石川結貴さんは「子育てを手伝うフリをして余計な手間を増やす“イクメン残念夫”が多い」と言う。

「子供を甘やかして叱らず、奥さんが叱ると子供と結託して『ママ、怖いよ~』と言い、母親を悪者にするんです。子供のわがままは増長するばかりなのに、子供に『ママ怒ってばっかりだから嫌い』と言わせて『やっぱりパパだよね~』なんて喜ぶ。そのくせ『おれは子育てに協力的な夫』と威張るのです」

※女性セブン2015年2月5日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ネット上の論争 「弱者が強者に勝つのがセオリー」の指摘も
セイン・カミュ 虐待親には「子供と同じ苦しみと恐怖を与えるべき」
元美魔女衆院選候補 落選後は「子供と常に一緒に過ごしてる」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP