ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「もって生まれたもの」がない人の文章上達に役立つ名著紹介

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 作家・村上春樹氏のネットでの文章問答が話題になっている。大学院生の「どうやったら文章が上手くなるか」という質問に、「基本的にはもって生まれたもの」という回答に、「厳しい」「身も蓋もない」とネットユーザーが上がった。どうやれば文章が上手くなるのか。フリーライター・神田憲行氏も考える。

 * * *
 話題になったサイトは新潮社が運営する「村上さんのところ」。読者からのさまざまな質問に村上春樹氏が回答するという趣向で、くだんの質問と回答は今月16日にアップされた。大学院に通う女子学生からの「レポートや教授へのメールなどたくさん文章を書く立場だが、文章を書くのが苦手で、どうにか文章を書きやすくなりませんか」という趣旨の質問に対して、村上氏が

《文章を書くというのは、女の人を口説くのと一緒で、ある程度は練習でうまくなりますが》

 と前置きしつつ、

《基本的にはもって生まれたもので決まります》

 とはっきり言い切り、最後に、

《まあ、とにかくがんばってください》

 と結んだ。最後の「まあ」という部分が突き放した印象があるのが、ネットでは「厳しい!」という感想を持つ人も多いようだ。しかし逆にいうと、村上春樹が「誰でも練習すれば僕ほど上手くなりますよ」と言う方が大嘘になると思うのだが。また、練習でうまくなった程度の「ある程度」の文章力で、大方の人は(小説で身を立てようという人以外は)、事足りると思う。それにしにても大学のレポートの相談をノーベル賞クラスの作家に相談できるのだから、いい時代になったものである。

 もっと知りたいのは「練習」の中味だ。なにをどうやればいいのだろう。「女の人を口説くのと一緒」とあるから、女性(読者)の気持ちを考えて、トライ&エラーを繰り返せ、ということなのだろうか。

 文章が上達するためには、たくさん読んでたくさん書け、というのは昔から言われていることである。その経験値が「もって生まれたもの」がない普通の人には必要だ。

 だが書く経験は社会人になっても積むことはできるが、読むこと、とくに「読み方」について学校を卒業した後に修練を重ねることは難しい。そこで今月出た本をお勧めする。

 「やりなおし高校国語–教科書で論理力・読解力を鍛える」(出口汪著・ちくま新書)だ。

 出口氏について「カリスマ国語教師」程度の認識しかなかった私がこの本を手に取ったのは、丸山眞男の名論文「『である』ことと『する』こと」が教材に上げられていたからである。学生時代に感銘を受けたこの文章をもう一度、きちんと読み直してみたい欲求に駆られた。

 出口氏はこの論文の全文を掲げながら、「イコールの関係」「対立関係」「因果関係」という論理のキーワードを使い、解説していく。まさに紙上講義で、私は学生時代の自分の読みがいかに自分勝手な解釈になっていたか反省を迫られた。またいつの時代になっても古びず、その主張が時代を超えた名文であることを改めて感じた。いまの政治状況下にもやもやしたものを感じる方には是非、一読をお勧めする。

 出口氏は文章について、この段落のあとにはこういう段落が続くはずだ式の「能動的な読み」を勧める。これは書く側からいえば、そのような構造をとっていなければならない、ということにもつながる。

 読み方についてもう一冊紹介しよう。「新釈 現代文 」(高田瑞穂著・ちくま学芸文庫) だ。書名を見て、「うわあ、懐かしい」と声を挙げる年配の方もおられるのではないか。1959年に新塔社という出版社から出され、現代文の名参考書と20年以上もロングセラーを続けていた。しかし版元の倒産によって絶版。それを筑摩書房の担当者が社内の処分本コーナーからたまたま拾い上げて2009年に復刊した。こちらはまだ生きていて、Amazonでは28件のレビューが付けられている。参考書というより近代文学入門書のような本だ。

 SNSなどネット時代になって書籍の売り上げの落ち込みが激しいと言われる。しかし視線の先が本からネットに移動しただけで、文章を読む機会は多い。日本人なら誰でも日本語の読み書きができるだけに、その技術を磨くことはついつい怠りがちだ。「日本語でおk」と言われないためにも、「まあ」、がんばりましょう。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
3人息子を京都大学に送り込んだ破天荒なオヤジの教育術3つ
村上春樹が稀代のジャズマンに関する文章を選んで翻訳した本
懸賞で総額700万円分当てた主婦 コツは企業喜ばせるコメント

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP