ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

学校教育をテクノロジーでより良く!学校用メッセンジャー「ClassDojo」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

メールを始めとした従来のツールと比べ、リアルタイムかつ気軽なコミュニケーションが可能なSNSやメッセンジャーサービス。

今では個人間の連絡だけではなく、企業内の連絡手段としての企業内SNS・企業内メッセンジャーツールも注目を集めている。そういった動きは学校教育の場でも同様だ。

「ClassDojo」は現在アメリカでも多くの学校が導入し始めている、クラス用のSNS兼メッセンジャーのようなサービス。先生と生徒、そして親も一緒になって学校での普段の様子や近況報告が気軽にでき、多くの学校で導入され始めているサービスである。

細かいフィードバックと近況報告で良質な関係を

学校用のWebサービスというと、先生が課題をアップロードしたり、生徒の質問に答えたり進捗を把握するといった、学習により焦点を当てているものも多いが、このサービスはもう少しシンプルで普段の学校生活の様子を共有する連絡手段という色が強い。

このサービスの特徴は先生と生徒だけでなく、先生と親が気軽に1対1でメッセージの交換ができる点。テキストだけでなく画像やボイスメモを共有することができる点などは多くのメッセンジャーツールと同じだ。

クラス全員が見れるチャットと各生徒とのチャットがあり、クラス全体での連絡もできるが、親も含めた3者間での個別のフィードバックがしやすいように設計されている。

モバイルからでもさくさく利用可能

すでにスマホアプリも出ており、デバイスを問わず気軽にフィードバックや情報交換ができる点も大きな特徴。

これまでは、気になることがあっても電話やメールでわざわざ連絡する必要があったが、このサービスがあれば普段の様子を共有・把握することも、メッセンジャーを使って気軽に相談することも非常に簡単。

使い方によっては先生にとって余計な負担になる可能性もありえるが、上手く使えば先生と親、そして生徒が蜜にコミュニケーションをとることで、よりよい学校生活を送ることにも繋がるだろう。

今後の展開や学校教育の場での活用が非常に気になるサービスだ。
ClassDojo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP