ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

習近平氏「軍人は給料で生活すべし」と発言し腐敗存在認める

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「軍人は今後、給料を主な生活の糧とするように。決して、いわゆる『灰色収入』や『違法収入』に頼ってはならない。さもなければ、(当局の)調査を受けて、追及されることになる」──。これは習近平・中国国家主席が1月中旬、北京で開かれた中国共産党中央規律検査委員会の総会で語ったものだが、この発言が中国で波紋を広げている。

 というのも、習発言を裏読みすると、軍人はこれまでで給料に頼らず、汚職などの賄賂が収入だということになってしまうからだ。ネット上では、「習主席が軍の腐敗蔓延を間接的に認めたことになる」との指摘も上がっている。

 この発言は、国営新華社電など公式メディアは報じておらず、軍機関紙「解放軍報」の中国版ツイッターである「解放軍報法人微博(ウェイボ)」が18日、初めて明らかにした。

 習氏が中央規律検査委の総会という公式の場で、このような発言を行なったのには理由がある。それは1980年代や1990年代、軍の給料は極めて低く、一般の兵士の月給は10元、20元というのは当たり前で、将校クラスでも100元から数百元程度だったからだ。

 軍の場合は、衣食住など生活に関する経費はすべて軍から支給されることから、当時は給料が低くても生活はできたが、その後、改革・開放政策が進んでいくと、幹部も官舎の他に、マンションで生活するなど、物入りになってきた。このため、低い賃金では生活ができず、腐敗に手を染めるという悪しき風潮が蔓延した。

 このため、軍は改革の一環として、給与水準を上げるようになり、いまでは少尉クラスの月給は3000元(約6万円)、佐官クラスでは5000元(約10万円)から6000元(約12万円)とかなり上がっている。これは一般の公務員と同じ水準で、中国都市部の平均年収5万1474元(約103万円)よりも少し高め。

 一方で、中国では2014年現在で軍事予算が4年連続2ケタ増を記録するなど、軍関連施設の建設需要が伸びていることから、これらの建設プロジェクトを企業に発注することが多く、この過程で、業者側が受注してもらうため、軍幹部に賄賂を渡しているという。このため、腐敗事件の件数もうなぎ登りで、国際情報紙「環球時報」など中国の主要各紙は「昨年1年間で16人の人民解放軍の高級幹部が汚職などの容疑で軍の規律検査部門の調査を受けた」と伝えている。

 軍の規律検査部門によると、対象者は昨年夏に党籍を剥奪された徐才厚・前中央軍事委員会副主席(上将)をはじめ、中将4人、少将10人、上級大佐1人が含まれる。「1年間でこれほどの軍高級幹部が失脚したのは、1966年に始まった文化大革命以来約50年ぶり」と伝えられるほど、軍内では腐敗が蔓延していることになる。

 このため、習氏もつい口を滑らせて「給料を生活の糧にせよ」と発言したものと考えられるが、ネット上では「われわれ庶民は公務員のように、給料も高くなく、軍のように、灰色収入や違法収入がない。習主席は腐敗一掃を唱えるのもよいが、我々庶民の給料を上げ、生活レベルを向上させる政策を真っ先に実行すべきだ」との切実な書き込みが寄せられている。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ネットに登場の「中国人クズ番付」など中国の民意に迫った本
習近平氏 腐敗、堕落の解放軍に危機感で大粛清に動く可能性
腐敗摘発の徐才厚・元中央軍事委副主席 末期がんで危篤状態

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP