ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カバがモチーフのスパークリングワイン「CAVA Hippo cuvee UENO M44」発売中!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スペイン産スパークリングワイン「CAVA(カバ)」の新商品として、1911年に上野動物園に初来園した動物「カバ」をモチーフにした「CAVA Hippo cuvee UENO M44(カバ ヒッポ キュヴェ ウエノ エム44)」(1500円税別)が発売されました。

「CAVA」とはシャンパーニュ同様、伝統的製法とよばれる瓶内二次発酵方式により造られるスペイン産スパークリングワインで、地下のセラーで長時間熟成させるため、洞窟=CAVAという名前がつけられました。「CAVA」では最低9ヶ月間の熟成が義務付けられているそうです。こだわりを感じるスパークリングワインですね!

「カバ ヒッポ キュヴェ ウエノ エム44」は愛らしいカバをイメージした味わいで、キリリとした辛口の中にほのかな甘みを感じるDRY仕立て。パンやサンドイッチ、洋食全般にぴったりのスパークリングワインです。

ちなみに、こちらの売り上げの一部は「上野動物園サポーター」として寄付され、園内の遊具類の設置やえさの購入といった飼育環境の充実のために使われるとのこと。

可愛らしいカバのイラストがついたボトルに癒されながら、おいしく飲みたいですね!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP