ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

元ゴーストライター新垣隆氏 多忙で収入は1年前の1.8倍

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「あの記事のせいで…いや、おかげで、こうなりました(笑い)」

 冗談交じりに語る新垣さん。あの記事というのは女性セブンでモデルデビューした企画のこと。以来、テレビ番組に引っ張りだこに。本誌記者が電話をかけると「これから本番なので…」と慌ただしく電話を切られる。売れっ子タレントのような多忙ぶりなのだ。食事をとる時間もあまりないほどで、「最近はコンビニのお弁当、お総菜とか簡単なものですませてます」。

 収入は1年前の1.8倍になったが「まだテレビ出演は慣れません」と苦笑する。ちなみに、自宅にはアナログテレビしかないため、自身の活躍は映らない。

 本業の音楽家としてはしっかり活動中だ。作曲、編曲のほか、密着した日は、朝から大阪・高槻市で小学生のバイオリンコンクールでピアノ伴奏をした。観客はいないが「伴奏は、私が20年間ずっと続けてきた仕事」と忙しいなかでも引き受けた。“教え子”の親からは「新垣さんしかいない」と絶大な信頼を得ている。2月にはジャズ音楽家・吉田隆一さんと、3月にはクラシック奏者・礒絵里子さんとコラボしたCDをリリース。

「今年は音楽活動を中心にやっていきたい」と言うが「テレビとかほかの仕事も依頼が来ればうれしくて受けてしまう」らしい。

※女性セブン2015年2月5日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
4階の自宅から転落した三宅雪子議員 夫の助言で6キロやせる
メイク本14万部突破のざわちん 三浦翔平メイクに雑誌で挑戦
『お願い!ランキング』の人気シェフプロデュースおせち登場

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP