ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

いくら食べても太らない!?未来の“ヴァーチャル・ダイエット”がスゴイ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

みんなが大好きなスイーツや肉料理…。お腹いっぱい食べたいところだけど、カロリーや健康への影響が気になるところ。

アメリカ・ロサンゼルスの「Kokiri Lab」は、そんな悩みを解決してくれる、まったく新しいプロジェクトをスタートした。

Project Nourishedと名付けられたこの企画は、ヴァーチャルリアリティ技術を使って、大好きなものを食べたような体験ができるガジェット。

いわば五感をだますことで、満足感を得られるという仕組みだ。

必要なのは、ヘッドセット、食品探知センサー、モーションセンサー、アロマティック・ディフューザーの4つ。

そして、実際に食することになるのは、海藻や野菜、フルーツなどを混ぜて形を整えたもの。直接見ると味気なさそうな塊だが、ヘッドセットを通してみると、ステーキや寿司に早変わりするというわけだ。

さらに、ディフューザーからリアルな香りが漂い、センサーは、口に運ぶまでの映像もリアルに再現してくれる。

あとは食感と味を似せれば、確かに本物と紛うほどの食事体験ができそうだ。

この技術が普及すれば、ダイエットの強い味方になってくれるのはもちろん、食品アレルギーや食事制限のある人にも役立ちそう。

将来的には、3Dプリントフードとして公開し、誰でもダウンロードできるようにしたいとのことなので、技術の発展に期待したい!

Kokiri Lab
http://www.kokirilab.com/
Project Nourished
http://www.projectnourished.com/

ガジェット(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP