ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自転車「信号無視」で講習義務化!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


自転車で悪質な運転をする人に対し、安全講習が義務化されることが決定。ネットでは、これを歓迎する声があがっている。

【もっと大きな画像や図表を見る】

免許を必要としないため、危険な運転をする人も多く、ネットユーザーの間ではたびたび議論の対象となっていた自転車の運転マナー。法律上「軽車両」にあたるため、飲酒運転、信号無視、夜間無灯火、一時停止違反などの道交法違反をすれば、これまでも当然処罰の対象となっていた。

2013年12月には改正道路交通法が施行され、自転車に関しては「路側帯通行を左側に限定」など、新たなルールが加えられた。そして、危険運転行為を繰り返した(3年以内で2回以上摘発された)運転者への講習の義務付けが決定。今回その具体的内容が定まったというわけだ。

報道によれば、危険運転とみなされるのは、「信号無視」「一時停止違反」「交差点での右折車優先妨害」「歩道での歩行者妨害」「酒酔い運転」「携帯電話を使用しながら運転し事故」など、14類型。講習は3時間で5700円かかり、講習を逃れると5万円以下の罰金が科せられるという。

この決定についてツイッターには、

「ついにきた。これはそれなりの抑止力になるはず」
「取り締まりは本気でやって欲しいですな。中途半端にやると意味が無いので」
「信号無視やら歩道と車道のジグザグ運転やら一時停止無視やら・・・。 あまりにも危険な人多いからね(>_<)」

といった声があがっており、概ね歓迎されている。

しかし、

「これをやるならまずルールを周知させないと意味ないと思うんだが」

などの指摘コメントも登場。さらなる議論が展開されている。

今回の決定が施行されるのは今年6月1日からだが、それを機に自転車の危険運転が沈静化するのか、注目したい。
(R25編集部)

自転車「信号無視」で講習義務化!はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

自転車ルール改正!逆走で罰金も
秋田で謎流行、あずき色の自転車
自転車通勤の事故は労災対象?
いつもの自転車で室内トレーニング
女性サドル窃盗男 変態番付入りへ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP