ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

しくじり先生 好調の理由は脱ひな壇と失敗談の奥深さにある

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 深夜のバラエティー番組『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)が好調だ。同時間帯断トツの7%を超える視聴率を記録。深夜帯としては高い数字をたたき出している。同番組は、講師のタレントが、自らのしくじりエピソードを笑いにしながら“俺みたいになるな!!”と語るバラエティー。人気の秘密は、いったいどこにあるのだろうか?

「今、業界で話題になっている番組のひとつです。昨年11月には、ギャラクシー賞月間賞を受賞してもいますしね。放送作家の間では、『昨日、しくじり見たか?』、そんな言葉が交わされることもしょっちゅうです。今は24時台の放送ですが、いずれは時間帯が繰り上がることもあるかもしれません」(ある放送作家)

 番組の構成はとてもシンプルだ。『しくじり先生』というタイトル通り、講師のタレントのトークが番組の中心。これまで、ドランクドラゴンの鈴木拓、西川史子、藤崎マーケット、獣神サンダーライガー、元木大介ら、幅広いジャンルの著名人が講師を務めてきた。その話に、担任のオードリー若林正恭、生徒の平成ノブシコブシ吉村崇らが突っ込みを入れながら、30分間、テンポのいい”授業”が展開される。

 コラムニストのペリー荻野さんは、講師が授業をするというこの形が番組の面白さのポイントになっていると指摘する。

「ひな壇の番組が多い中で、ひとりの人に賭けてエピソードを系統立てて話をさせるスタイルは最近、珍しい。トークの基本に立ち返ったことで、ひな壇に飽きてきた視聴者の心をとらえたのでしょう。ひな壇の場合、1人がウケなくても別の人が補えるというメリットがあるけれど、トークという意味では物足りなさがありますからね。また、授業スタイルはバラエティーの定番ですが、生徒から質問や突っ込みが入りやすいので、芸人のような話術を持たない人が講師をやっても話が広がりやすくなります」

 最近では、1月8日に放送された元衆議院議員の杉村太蔵が講師を務めた回が、ネット上で話題を呼んだ。杉村はかつての失言などについてぶっちゃけトークを連発。ハニートラップにかかりそうになった、清掃員をやっていた時、ヘッドハンティングされて証券マンになった、などの秘話を紹介。さらに、議員時代に批判されながら、心に留めていた座右の銘が「うるせぇ」であると語り、ネット上には、「ヤベーやつ」「逆に好感が持てる」「神回」との声が上がった。

「これだけ言った潔さに一票を入れたい。いい話じゃなくても、行くところまで行くと逆に評価が上がるというケース。最近、彼は『バカでも資産1億円』という著書を出版しましたが、お金だけではなくブラックな部分も腹の中に溜めこんでいたのかも(笑い)。それを一気に吐き出したという感じさえします」(前出・ペリー荻野さん) 

 そして、視聴者を惹きつけているのが、この番組のテーマである“しくじり”、つまり、失敗から教訓を学ぶという内容だろう。オリエンタルラジオが講師を務めた回は昨年10月の番組第1回で放送され、今年の正月にはその完全版がオンエアされた。オリラジはデビューしてすぐに売れっ子になりながら、あっという間に凋落したエピソードを語った。そうした経験を振り返り「なりたくてなる天狗はいない」「負けてからビッグマウスになる勇気」と言った中田敦彦の発言は注目を集め、名言としてまとめサイトにアップされたほど。

「Eテレで、各界の第一人者が学校に行って授業を行う『課外授業 ようこそ先輩』という番組がありますが、『しくじり先生』はそれと対極の番組。失敗から得られる教訓には、成功談とはまた違った説得力があります。その人が悩み、自分なりに答えを見つけてきた経験なので、リアリティーがあるし、言葉に強さがある。杉村太蔵さんの謝罪会見なんて、ネットで検索すればいくらでも出てくるけれど、本人が語るからこそ興味深い。

 それに、講師役のタレントは、過去の失敗が話の中心だから、何でもあけすけに話してしまっている。そこまで言って大丈夫なの?と思わせる危なっかしさもひとつの面白さになっています。台本にない予期せぬ発言が飛び出す破壊力というのは、失敗エピソードならではだと思いますね。成功した話は“ここまでやりました”という話で終わりがちだけれども、失敗談は底なしなのかもしれない。こんなに失敗談って奥が深いのかと圧倒されましたね」(前出・ペリー荻野さん)

 オリラジ中田の言葉のように、講師陣の語ったことが名言としてネットで拡散しているのは、バラエティーのネタにとどまらない失敗談の奥深さ故かもしれない。

 1月22日の放送では、講師役のさとう珠緒がぶりっ子で女性から嫌われ仕事が激減したエピソードを紹介し、女性に好かれることの重要性を説いた。「プンプン」とポーズを作るなど、久しぶりにぶりっ子キャラを全開。「腹黒さ最高」「一周回って好き」といったコメントがツイッター上に溢れた。

 これまでの放送回を見ると、どんな講師をキャスティングするかが番組の盛り上がりを左右すると言っていいが、前出・ペリー荻野さんはこんな提言をする。

「今なら、ゴーストライター騒動の新垣隆さん、離婚騒動の渦中にある高橋ジョージさんのしくじりエピソードはぜひ聞いてみたい」

 今後の番組に注目である。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
『しくじり先生』で話題の杉村太蔵 「うるせぇ」の真意を熱弁
杉村太蔵 大学中退、就活失敗、時給800円清掃員時代を語る
厳しい高橋ジョージの束縛 妻はナマ足&胸もと開いた服禁止

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP