ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

貴重な写真と証言による『どんとの魂』1/31発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ローザ・ルクセンブルグ、ボ・ガンボスで活躍したボーカリスト、どんとの足跡を辿ったミュージック・マガジン増刊『どんとの魂』が1月31日(土)に発売される。

2000年1月28日にハワイ島にて脳内出血のため37歳の若さでこの世を去ったどんと。『どんとの魂』は、144ページに亘りその足跡を貴重な写真、関係者の最新インタヴュー、ミュージック・マガジンのアーカイヴなどで辿る。没後15年、今なお多くの人の心を捉えて離さない彼の音楽を愛する人はもちろん、少しでも興味を持った音楽好きは是非手に取ってもらいたい。(岡本貴之)

『どんとの魂』
2015年1月31日(土)発売
〈内容〉
◆写真でたどるどんとの歩み
◆インタヴュー~Dr.kyOn/永井利充/小嶋さちほ ほか
◆どんとと私~友部正人、大久保ノブオ(ポカスカジャン)
◆どんとの愛聴盤を小嶋さちほが紹介
◆全アルバム/映像作品ガイド
◆ミュージック・マガジンの全関連記事のほか、他誌でのインタヴューも掲載するアーカイヴ

■ どんとフォト・ストーリー~どんとの祭り(小山守)
■ 友部正人が語るどんととの交流(志田歩)
■ 大久保ノブオ(ポカスカジャン)が語るどんとの魅力(松永良平)
■ Dr.kyOn ロング・インタヴュー(今井智子)
■ 永井利充とどんと、“おもてなし”の世界
■ 小嶋さちほがどんとと過ごした沖縄(真保みゆき)
■ どんとが愛した音楽(小嶋さちほ)
■ 現場のスタッフが見た、ローザ~ボ・ガンボス、そしてどんと
□ マネージャー、瀬戸英夫の場合(湯浅学)
□ ディレクター、名村武の場合(志田歩)
■ 全アルバム/映像作品ガイド(岡村詩野、小川真一、小野島大、久保太郎、小林慎一郎、小山守、斉木小太郎、志田歩、松永良平、三田真)
■ どんとは死なない(斉木小太郎)
■ どんと関連記事アーカイヴ

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP