ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

年間3万円以上の節約も!? 家庭でできる節水方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日々の暮らしで節水を心がけてはいるものの、なかなか習慣にできていない人もいるかと思う。いくら節約できるのかが分かれば、もっとやる気が出るはず!

水を出しっぱなしにしてはいけないと分かりつつも、ついついやってしまう……

家庭で1番水が使われているのは「風呂」で40%。続いて「トイレ」(22%)、「炊事」(17%)、「洗濯(15%)」、「洗面・その他」(6%)となっている(東京都水道局 平成24年度一般家庭水使用目的別実態調査より)。今回は、用途別に節水方法といくら節約できるのか紹介しよう。
※1リットルあたりの単価を0.24円とした場合の4人家族で1カ月あたりの節約金額。1カ月を30日として計算風呂

・風呂水(約180リットル)の半分を洗濯、掃除、散水などに再利用する…1回当たり約90リットルの節水、約650円/月の節約

・洗髪する時にシャワーをこまめに開け閉めする(1人平均10分間の洗髪のうち、3分間止める)…1回当たり約36リットルの節水、約 1,040円/月の節約トイレ

・大小洗浄の切り替えをきちんと使い分ける…1回当たり最大で約2リットルの節水、約170円/月の節約炊事

・食器をため洗いやつけおき洗いする…1回当たり約90リットルの節水、約1,300円/月の節約

・野菜を洗うなど、食事の準備をする時にため洗いする…1回当たり約44リットルの節水、約950円/月の節約洗濯

・風呂の残り湯を本洗いと1回目のすすぎまで活用する…標準使用水量が130リットルの場合、1回当たり約55リットルの節水、約400円/月の節約洗面・その他

・歯磨きの時にコップに水をくんで口をすすぐ…1回当たり約5.4リットルの節水、約310円/月の節約

・顔を洗う時に洗面器に水をくんで使う(2分間流しっぱなしをやめ、洗面器の水2杯を使用)…1回当たり約6リットルの節水、約170円/月の節約

・洗車をする時にバケツに水をくんで洗う(20分間のホース洗車をやめ、バケツの水5杯を使用)…1回当たり約190リットルの節水、月2回洗車した場合、約90円/月の節約

例えば、「風呂水の再利用」、「シャワーをこまめに開け閉めする」、「食器をため洗いする」3つを毎日行うと、1カ月で2,990円、年間で35,880円節約することができる。

このほか、節水機器を利用するのも効果的だ。例えば、水の出し止めが簡単に行える節水シャワーヘッドの場合、約2割の節水。節水型トイレの場合、タンク容量が4~10リットルと、従来型の11~15リットルに比べ、約3割節水ができる。トイレだけでなく、洗濯機、食器洗い乾燥機など最新型のエコ家電を利用するのもオススメだ。

節水の基本は、水を流しっぱなしにしないことと、水を再利用すること。節水機器を賢く利用しながら、日々の習慣を身に付けて節水に取り組もう。

(平野友紀子+ノオト)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
CHINTAI情報局の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP