ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

創業から50年以上変わらない人気の静岡おでん 味の秘密は豚ひき肉

DATE:
  • ガジェット通信を≫

1月21日放送の「あさチャン!」(TBS系、毎週月~金曜午前5時30分)、「日本一周きわめびと名鑑」のコーナーで「おにぎりのまるしま」(静岡県静岡市)が紹介された。

 1963年創業の同店は、連日全国からファンが訪れるおでんの人気店だ。静岡おでんは濃いだしで煮るのが特徴で、一般的に汁を入れずにカツオやサバを削っただし粉をかけて食べる。人気の秘密は豚ひき肉を入れることで、同店の佐藤さんは「ちょっと脂気がある方がおいしいと思う」と話す。関東に比べて濃い味付けの静岡おでんは、牛肉の脂だとこってりし過ぎるため、豚ひき肉を使うことで適度な脂のコクが出るという。

 創業以来変わらない味を守り続ける佐藤さんは「いつまでも一緒の味にしないといけない。やっぱり『おいしいね』っていう言葉が残らないとね」とおでんに対する思いを語った。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:おにぎりのまるしま(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:静岡市のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:静岡市×和食のお店一覧
野菜たっぷり! 音尾琢真イチオシのこだわりスープカレー「チキンと一日分の野菜20品目」
最安値のラーメン!? こだわりの一杯が毎月12日は驚きの180円

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP