ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【難読駅名クイズ】「河堀口」「美談」「邑久」近畿・中国編

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本には1万近くの駅があり、それらの駅名は地域の歴史・地理・文化に根ざしてつけられている。旅行や出張で初めての地を訪れた際、駅名が掲げられた看板を見て「これ、なんて読むんだろう?」と首を傾げた人は少なくないだろう。近畿・中国地方からピックアップした難読&珍読駅名の中から、あなたはいくつ読める?

(1)「河堀口」大阪府大阪市)

(2)「養父」(兵庫県養父市)

(3)「邑久」(岡山県瀬戸内市)

(4)「美談」(島根県出雲市)

(5)「厚保」(山口県美祢市)

 答えは下に。





(1)「河堀口=こぼれぐち」
 奈良時代に和気清麻呂によって築かれた堀である「河堀(こぼり)」がルーツ。掘り始めた地の意。

(2)「養父=やぶ」
「ようふ」と誤読されやすい。竹などが密生している地を意味する藪に、別の字を当てたとされる。

(3)「邑久=おく」
 大伯国造(おおくのくにのみやつこ)の支配地だったことに由来。郊外の竹久夢二の生家は観光名所。

(4)「美談=みだみ」
 駅近くに「御田を見る神」を祀ることから名付けられた美談神社があることが由来。

(5)「厚保=あつ」
 山に挟まれた崖地に由来する地名と考えられ、「崩崖(あず)」が転じたものとみられる。

※週刊ポスト2015年1月30日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
【難読駅名クイズ】「上ゲ」「開発」「金手」「動橋」中部編
【難読駅名クイズ】「左沢」「艫作」「愛子」北海道・東北編
【難読駅名クイズ】「神戸」「東浪見」「大谷向」ほか関東編

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP