ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

長嶋苦しめた平松の「カミソリシュート」 カーッとして誕生

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 現役時代に巨人キラーとして知られた大洋ホエールズ・平松政次氏は、1970年には25勝を挙げて最多勝、沢村賞などを獲得した大洋のエース投手だった。長嶋茂雄氏も「平松のシュートは打てなかった」と悔しそうに振り返っている。高校、社会人時代はストレートとカーブのみで、代名詞となるシュートを投げるようになったのはプロ入りしてから。最強の武器となった“カミソリシュート”誕生の秘密について、平松氏が語った。

 * * *
 シュートを覚えるきっかけは1967年、社会人時代のキャンプで名前も知らなかった日石(日本石油)のOBの方に、「お前、シュートの投げ方知ってるか?」と聞かれた時です。

 知らないというと、その左投げのOBは“こう握って、こう投げるんだ”と何球か投げて見せてくれたんです。後で聞くと、藤田(元司)さんと同級の慶大出身の人でした。そうやってシュートは一応覚えていたのですが、社会人まではストレートとカーブだけで十分三振がとれていましたから、投げる気は全くなかった。

 ところが3年目の春のキャンプでのことでした。雨が降ってグラウンドが使えず、体育館の板張りの床の上で投球練習をしていた時です。

 若手が並んで投げているところへカズ(近藤和彦)さんとアキ(近藤昭仁)さんがやって来て打席に立った。しばらくして2人は「平松、こんな球しかないのか」というわけですよ。それでカーッと頭に来て、

「シュートもあります!」

 と、売り言葉に買い言葉でいってしまった。それで打者に対して投げたこともないシュートを投げる羽目になった。

 するとこれが、直角に見えるくらい曲がる。投げた僕が驚いたくらいだから、打席のカズさんは腰を抜かしていました。6球投げてみてこれは凄いということになり、カミソリシュートが誕生した。だからものすごい練習を重ねてやっと生まれたものではなく、突然降って湧いたという感じだったんですよ。

 周りは興奮して「何でこの球を使わないんだ」と怒ったけど、まさか初めて投げたとはいえませんから黙っていました(笑い)。これをきっかけにシュートを投げるようになり、ピッチングに威力が増した。この年以降、長嶋さんに打たれた記憶はないですね。

※週刊ポスト2015年1月30日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ダルのワンシームは150kmで落ちる “信じがたい球”との評
星野仙一 高校時代にカミソリシュートで平松政次ビビらせた
通算201勝の平松政次 カーブ習得で「あと40~50勝できた」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP