ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【アカデミー賞】効果でノミネート曲のセールスが急増

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年の【アカデミー賞】ノミネート作品が1月15日に発表されたが、この効果で歌曲賞にノミネートされた5曲の売り上げが102%急増したことが明らかになった。

 キング牧師の物語を描いた映画『セルマ(Selma)』からの、コモンとジョン・レジェンドが歌う「Glory」が一番のセールスを叩き出し、18日までの週間ダウンロード数は27,000を記録。前週から158%の増加となった。これはマーティン・ルーサー・キング・ジュニア・デーに重なったことや、映画が全国で公開されていることも功を奏したのだろう。同曲は1月31日付の米ビルボード“Hot R&B/Hip-Hopソングチャート”で25位に初登場。シングルチャート“Hot 100”では92位となった。

 また、グレン・キャンベル最後のレコーディング曲である「I’m Not Gonna Miss You」は211%増加。リタ・オラが歌う映画『Beyond the Lights』のダイアン・ウォーレン作「Grateful」は、1,000ユニットに届かなかったものの154%増のセールスを見せた。

 映画『はじまりのうた(Begin Again)』でアダム・レヴィーンが歌う、グレッグ・アレクサンダー&ダニエル・ブリズボワ作の「Lost Stars」は、5,000ダウンロードで17%アップ。『LEGO ムービー(The LEGO Movie)』の「Everything Is Awesome」(ティーガン&サラとロンリー・アイランド)は、26%増の4,000セールスとなった。

関連記事リンク(外部サイト)

JSBXが“黒人音楽を取り入れた”新作アルバムを4月に発売 ジョンスぺ流ダンス・ミュージックに期待大
アレクサンドラ・スタン “小悪魔なカリスマ”が3月に初単独ツアーを開催
ジャズの女王ダイアナ・クラールの新作が1/28に発売 その最新映像も公開中

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP