ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

国交省がイラスト入りの自動車用ナンバーを導入 アニメなど「痛ナンバー」を望む声

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ここ数年、いわゆる「ご当地ナンバー」の本格的な普及など、実に様々な取り組みを行っている国土交通省は1月20日、従来の自動車用ナンバーに加え、イラストや模様などが入った新しいナンバープレートの発行に着手する方針を固めた。

同省によると、現在、地域振興に一役買っているご当地ナンバーだけではなく、プレート上に地元の特産品や有名な景色などのイメージを入れたものを新たに用意することで、さらにその効果をUPさせようとする狙い。

しかし、ネット上ではそうした同省の試みに対して、「個人が痛プレートとかそういう方向かと思ったが違うのか」「これはくまモンくるなw」「せんとくんだったらいらねえなwちな奈良」「つか痛系できないんじゃあまり意味なくね?」「期待してたのと違った」「聖地モノは使えるんかね?」と、無理やりご当地モノにするのではなく、アニメやゲームのキャラなどを自由にプリントできる「痛ナンバー」的なものを望むという声が散見されている。

とはいえ、これまでの文字だけのナンバーに比べ、様々な図柄の入ったナンバーが登場するのは実に興味深いところ。早ければ2016年度からスタートする可能性もあるとのことなので、しばらくその動向に注目したいところだ。

文・山田浩一

※写真はイメージです。

【参照リンク】
国土交通省
http://www.mlit.go.jp/

関連記事リンク(外部サイト)

シャック、ピッペン・・・1995年NBAスーパープレー10選がカッコよすぎる Boon世代必見
料理研究家・園山真希絵の投稿レシピがネット上で話題 「意外とウマい」「豆は入ってるwww」
TLC、ラストアルバム製作費をクラウドファンディングから調達 ケイティ・ペリーも出資
「自撮りのコツ」をプロから学べる!「CP+(シーピープラス)2015」ニコンブースに急げ!
ヒドすぎるラフプレーが勃発!エルボーした側の選手がやられたアピールで大炎上中

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP