ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

プロセッサー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

コンピューターにおけるプロセッサーとは、演算やプログラムの実行・処理を行うパーツのこと。日本語では「中央演算装置」と呼ばれる。Central Processing Unitの略で「CPU」と呼ぶ場合もある。

コンピューターは、入力装置、記憶装置、制御装置、演算装置、出力装置という5つの装置から構成される。このうち、プロセッサーが担うのは、制御と演算の2つ。かつてコンピューターは、「電子計算機」と呼ばれていたことからも分かるように、基幹的な役割は演算にある。演算、処理を行うプロセッサーは、まさに「コンピューターの心臓部」といえるだろう。

プロセッサーの土台となるのは、半導体のシリコンで、高純度のシリコンウエハーを切断して作られる。プロセッサーは、人間の目では見ることができないほどの微粒子、ちりでさえも、混ざり込めば不良品となってしまう。そのため、製造工程の多くはクリーンルームの中で行われる。

半導体を用いたプロセッサーが一般化する前の電子機器では、真空管、トランジスタを複数つなぎ合わせたものが、演算・処理の役割を担っていた。しかし、この方式では大きなスペースが必要となってしまう。1970年代に、現在と近い形のプロセッサーが誕生すると、小さくても多数の演算処理ができるコンピューターを作ることが可能になった。今では、パソコンやスマートフォンなどのIT機器はもちろん、白物家電にもプロセッサーは搭載されている。

こうしたプロセッサーの進化を象徴的に表すのが、「ムーアの法則」だ。「半導体の集積密度は18~24カ月サイクルで倍増するため、処理速度が倍増してもより小型化が進んでいく」という、ゴードン・ムーア(インテル創業者)による経験則である。

関連記事リンク(外部サイト)

現代人必読!? より良いITライフの指南書「デジタル・ダイエット」とは?
普通に生活しているだけでバンバン出会える 婚活支援サービス「すれちがいマッチ」とは?

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP