ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

もうレッスンはいらない!? スノーボード・バインディングで滑りがみるみる上達!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ネット接続型家電の企画・開発を手掛けるCerevo(セレボ)のスマート・スポーツ用品ブランド「XON(エクスオン)」が、その第1弾アイテムとしてスノーボード・バインディング「SNOW-1(スノウ ワン)」を発表した。

「SNOW-1」は、左右それぞれの足元に4カ所、合計8カ所に荷重センサーを搭載。装着したスノーボーダーの荷重の掛け具合や、重心位置を計測し、さらにボードの前後2カ所に搭載した曲げセンサーが、スノーボード部位別の”しなり”も検知する。

これらのデータはBluetoothでスマートフォンにリアルタイム転送され、滑走中の情報を可視化。自身のデータをその場で確認しながら練習することで、スノーボードのさまざまなテクニックを習得し、上達することができる、という仕組みだ。

当然、滑走中の”ながらスマホ”は厳禁だが、このアプリは滑走動画にセンサーの計測データを重ねることもできるため、自身の滑りと数値データを同画面上で確認し、滑走中の良し悪しをピンポイントで把握、即改善することができる。

また、バインディング本体には、荷重に反応して発光する高輝度LEDストロボが仕込まれていて、荷重やボードのしなりが閾値を超えたときに発光するようになっている。これにより、滑走中に目視で荷重を確認できるほか、ゲレンデで目立つための演出にも使えそうだ。

米国での販売価格は400~600ドルを予定。日本では今年中に販売が開始されるそう。通常のバインディングよりも高額だが、レッスン費用込みの最新ガジェットと考えれば、決して高い買い物ではない!?

関連記事リンク(外部サイト)

大胆なデザインがかっこいい! 「allmytee」でTシャツ作成はいかが?
超豪華声優陣! 知らない人でもハマってしまいそうなお天気アプリ
植物を育てるのに必要な情報が一目瞭然! これで花の気持ちが分かるかも!?

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP