ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【空旅のススメ】(9) レベルが高い! ドイツの航空会社

DATE:
  • ガジェット通信を≫

DSC_5450

近ごろ、どの航空会社も「機内サービス」をどんどん簡略化している。LCC(格安航空会社)ならいざ知らず、大手航空会社でも、短中距離路線だとドリンクの種類が減ったり、有料だったり、上級クラスを除いて機内食が出ないことはまったく珍しくない。ただANAが以前、コーヒーやスープなどの普通席における無料サービスを止めたこともあったが、LCCとの差別化もあり、復活した経緯もあるが。
そんな中、ドイツの航空会社は相変わらず、機内サービスが良い。
ヨーロッパ内の移動、1~2時間だと、まるで国内線感覚。それでも、ドイツの航空会社、例えば、ルフトハンザやエアベルリンなどは、ドリンクのサービスに加え、スナックも配られる。
たとえば、ルフトハンザで朝食の時間帯に、ドイツのフランクフルトからイタリアのミラノまで搭乗した際、シリアルとヨーグルトが配られ、もちろんドリンクも無料だった。
一方、エアベルリンでは、ポテトチップスの袋と、こちらもドリンク無料。さらに、ルフトハンザグループのエア・ドロミティは、所要1時間のフライトにもかかわらず、サンドイッチまで配られたのには驚いた。
ちなみに、ルフトハンザもエアベルリンも、搭乗口付近に新聞・雑誌ラックがあり、搭乗者は自由に、いくらでももらえる。新聞・雑誌のサービスも、普通席だと、日本の航空会社からなくなって久しいので、時代にまるで逆行するかのような手厚いサービスがとてもありがたく感じた。
IMG_2975
(Written by Aki Shikama)
【Nicheee!編集部のイチオシ】
【空旅のススメ】(8) ハンガリーのLCC「Wizz Air」搭乗レポ
ランチがピーナッツだった! 韓国LCC「チェジュ航空」搭乗記
【空旅のススメ】(7) 機内食で「低カロリーミール」を頼んでみたら・・・

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。