ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

バットマン大ファンの親父が息子に「バットモービル」ベビーカーを製作、ガチすぎると話題

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『バットマン』シリーズの大ファンの男性が、息子のために”バットモービル”のベビーカーを手に入れて話題になっている。

このベビーバットモービルを作ったのは、ハリウッドの一流職人がコミック、ゲーム、映画、ポップカルチャーのマニアのために個性派アイテムを制作してくれる<AWE me>の人気WEB番組『SUPER-FAN BUILDS』だ。

今回は『バットマン』ファンのためにバットモービルでベビーカーを作るという企画だが、元々はバットマンが大好きすぎる夫ジョシュのために、妻のメリッサが番組に制作を依頼したのだという。ジョシュの部屋は、ドアにはポスター、キャビネットにはフィギュアと、あらゆるバットマン・グッズが溢れているほどで、そんな父親の影響もあって息子も大のバットマンオタクに育ったようだ。

制作を担当するのは、デザイナーのティム・ベイカーが率いる<ティム・ベイカー・クリエイションズ>で、ベイカーは「私と優秀なスタッフに作れないものはない」と胸を張る。そして今回、ベビーカーをバットモービル化する際にモデルとしたのは、『~ビギンズ』『ダークナイト』に登場したバットモービル”タンブラー”だ。

まずはベビーカーの型を図面でデザインした後、紙製のモデルを制作。CGでのシミュレーションと組み合わせながら、制作は進んでいく。指矩(さしがね)で大枠を組み立てた後、タイヤを取り付けた台車の上にチャイルドシートをセッティング。PVCフォームシート(軽量で耐性に優れている素材)をCNCルーター(コンピューター制御された裁断マシーン)でカットし、そのパーツに熱を加えながら接着。仕上げにヤスリをかけ塗料でペイントし、バットモービルの黒い車体が完成した。その後、鏡を使用した光る窓ガラスやヘッドライトなど細かい部品を取り付けてゆき、完成までには約5日間かかったそうだ。

そしていよいよお披露目の日。自宅の車庫からバットモービルが登場すると、「すごい!」「なんてカッコいいんだ!」と驚きで笑いが止まらない様子のジョシュ。息子も「カッコいい?」と聞かれると「うん!!」と大喜びだ。

https://www.youtube.com/watch?v=cX7vZTLFfMs

このガチすぎるプレゼントに、

「これはカッコいい!!」
「素晴らしい!!!」
「クソ重そうだな」
「うちにも欲しい」
「いくらだろう?」

と、世界中から驚きのコメントが集まっている。

【参照リンク】
・Batmobile Baby Stroller (The Dark Knight) – SUPER-FAN BUILDS
https://www.youtube.com/watch?v=cX7vZTLFfMs

関連記事リンク(外部サイト)

料理研究家・園山真希絵の投稿レシピがネット上で話題 「意外とウマい」「豆は入ってるwww」
TLC、ラストアルバム製作費をクラウドファンディングから調達 ケイティ・ペリーも出資
一発退場の危険すぎるラフプレーが話題 ゴール前でライガーばりの掌底を喰らわす【動画】
「自撮りのコツ」をプロから学べる!「CP+(シーピープラス)2015」ニコンブースに急げ!
ヒドすぎるラフプレーが勃発!エルボーした側の選手がやられたアピールで大炎上中

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP