ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

德永英明“VOCALIST”完結、最高傑作発売と共に終止符

DATE:
  • ガジェット通信を≫

シリーズ累計600万枚を売り上げているNo.1カヴァーアルバムVOCALISTシリーズ最新作「VOCALIST 6」を1月21日に発売した徳永英明が1月22日東京・豊洲PITにてスペシャルライブ「Hideaki Tokunaga “VOCALIST 10th Anniversary Acoustic Special Live 2015”」を行った。

今回はタイトルにもある通り、「VOCALIST」誕生10周年の記念するスペシャルライブ。キャパシティー1,400人の豊洲PITのチケットは争奪戦で即日完売。当日はあいにくの雨の中ではあったものの、会場内は徳永の癒しの歌声を楽しみにしている熱心なファンが集まった。

ライブは「さよならの向う側」「寒い夜だから…」など最新作「VOCALIST 6」収録曲を中心に、徳永本人もMCで行っていた通り、過去のライブでも実施したことのない“全曲VOCALISTからの選曲によるセットリスト”ということで、全6作からの名曲を網羅した全15曲を披露。アレンジも普段のライブとは異なるアコースティック編成ということで、徳永の癒しの歌力がより伝わる構成でまさにスペシャルな内容。

「久しぶりのライブで膝がガクガク」という緊張感あふれるオープニングから、「衣装は先日、三代目J Soul Brothersと共演した時のもの」という秘話もある純白のスーツで次々と名曲を披露。途中、MCにて紅白歌合戦や様々なテレビ番組での裏側秘話や、甘い物好きで最近は大福にはまっている話が出てくるあたりから会場はリラックスムードに。

アンコールでは本人にサプライズで「VOCALIST 6」ジャケットをあしらったデビュー29周年&VOCALIST 10周年記念特大ケーキが登場。場内からおめでとうの声に満面の笑みをみせた。

そして最後のMCにてVOCALIST封印を宣言。「VOCALIST」は今回を持って一旦封印します!6月から始まるツアーではカバーに最大の敬意を払って臨みます。そして来年のデビュー30周年からは、新しい徳永英明として生まれ変わるので応援よろしくお願いいたします!」と力強く宣言。

温かい歓声と共にスペシャルライブは幕を閉じた。尚、今ライブは1月23日にも行われる。

関連リンク

徳永英明 オフィシャルサイト:http://www.tokunagaandtonys.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP