ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

静岡のおでん名店 つゆの見た目は黒いがあっさりやさしい味

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 おでんには全国各地で様々な味のバリエーションがあるが、中でもおでん文化を色濃く残すのが、静岡県だ。ここで紹介するおでんの名店は三河屋(静岡市)。

 おでん店が軒を連ねる青葉横丁内、カウンター12席のみのアットホームな店。昭和23年に初代が始めた屋台のつぎ足しつゆを二代目が継承。牛すじからとった出汁に濃口醤油を加えたつゆは、見た目は黒いがあっさり優しい味。

 一番人気の牛すじは県内産和牛を使い、歯応えのよいこんにゃくは特注品。

◆三河屋
【住所】静岡県静岡市葵区常磐町1-8-7青葉横丁内【営業時間】17~22時【定休日】日、第2・3月曜

撮影■河野公俊

※週刊ポスト2015年1月30日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「明太肉まん」「スギッチまん」ほか、変わり種ご当地中華まん
おでんのお多幸本店 大正時代の濃い目の味を今も守り続ける
世界のおでん 台湾はチリソース、韓国はピリ辛しょうゆダレ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP