ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

父子演じる西島秀俊と香川照之 塩ラーメンで契りを交わす

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「親子をやるために、今までの共演があったのではないか」

 香川照之(49才)は2012年『ダブルフェイス』、2014年『MOZU』(ともにTBS系)に続き、西島秀俊(43才)との共演が決まって、こんなことを共演者に語ったという。1月18日にスタートした新ドラマ『流星ワゴン』(TBS系)で香川と西島が初めての“父子”役を演じることで話題を呼んでいる。

 会社をリストラされ、妻からは離婚を突きつけられ、息子の家庭内暴力に悩み、「もう死んでもいい」と感じていた西島演じる主人公・永田一雄が人生をやり直すために、不思議なワゴンに乗って、過去を旅する物語。そこで出会ったのは、自分と同じ年齢の姿で現れた父・忠雄(香川)だった──。

 西島と香川といえば、これまでは敵対する役を演じることが多かったのだが、今回は“父子”。当然、違和感があると思いきや、西島はあるインタビューでこう答えている。

《やってみたら違和感がまったくなくて、香川さんにも「違和感あります?」って聞いたら「ない」とおっしゃっていて(中略)いまは息子としてずっと一緒にいて、横顔とか似てきましたし、休憩時間も甘えています(笑)》

 また別のインタビューでは、西島はこんなことも語っている。

「香川さんとは3年間ぐらい毎日、同じ物を食べてます」

 今ではプライベートでも、本当の親子並みに一緒にいることが多いという西島と香川。そんな“父子”が同ドラマのクランクイン前に訪れた人気ラーメン店があった。それは東京・代官山にある「塩ラーメン」がウリの店だ。

 都内に数店舗構える同店は、かつて沢尻エリカ(28才)もバラエティー番組で“よく通う”と紹介したこともある。

「そのラーメン店は、香川さんが月に数回通うお気に入りなんです。特に大量の鶏ガラとゲンコツ、ネギを圧力寸胴で短時間で抽出した熟成塩ラーメンが大好物みたいで、それをどうしても西島さんに食べさせたいと連れて行って、ご馳走したそうです」(テレビ局関係者)

 ちなみに同店では、テーブルに「とろろこんぶ」、「ラー油」などの調味料が並んでいて、自分好みのカスタマイズが楽しめる。塩ラーメンをすすりながら“父子”の契りを結んだふたりの『流星ワゴン』から目が離せない。

※女性セブン2015年2月5日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
年間800杯以上食べる著者が語りつくした究極の「ラーメン本」
上戸彩、浅田真央、広末涼子が訪れる渋谷のラーメン店
全国行列のできるラーメン店リスト 福岡には2.5時間の店も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP