ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

日本気象協会、tenki.jpで提供している「豪雨レーダー」のAndroidアプリをリリース

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

日本気象協会が tenki.jp で提供している「豪雨レーダー」の Android アプリを Google Play ストアにリリースしました。アプリは無料です。豪雨レーダーは、地図上で雨雲の予想された動きを 60 後までチェックできるサービスです。Android アプリ版は WEB 版と同じような操作性で利用できます。天気予報でその日の予想天気は把握できるのですが、雨は雨雲によってもたらされるので、その動きを把握しておくと急な豪雨を回避できたり、洗濯物を事前に取り込んでおけたりと、嫌なずぶ濡れに備えられるはずです。

Android アプリ版も気象庁の高解像度降水ナウキャストを採用しており、250m の解像度の降水の短時間予報を確認できます。画面右下の「現在地」ボタンを押すと GPS の機能で今いる場所にジャンプし、予報をチェックできます。地図の表示モードでは、衛星写真や路線図も選択できるので、レジャー地や通勤・通学の電車・バス付近を通るのかなどもチェックできます。「豪雨レーダー」(Google Play ストア)


(juggly.cn)記事関連リンク
Sony Mobileは「Smart Bluetooth Speaker BSP60」を開発中
Sony Mobileが「Movie Creator」をv2.3.A.0.3にアップデート、Android 5.0では操作ボタンのデザインを独自仕様に変更?
Xperia Z3とXperia Z3 Compact用のCyanogenMod 12 Nightlyビルドの公式配信が開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。