ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジェイ・Z、ラジオ局買収の噂はデマだった

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ジェイ・Zがニューヨークのヒップホップ専門ラジオ局“HOT 97”を買収するための交渉に入っているというニュースが伝えられたばかりだが、その情報はどうやら間違いだったようだ。

 WQHT HOT 97のオーナーであるEmmis Communicationsは、ヒップホップ専門情報サイト“Hip-Hop Wired”とのインタビューで、その話は事実でないことを明らかにした。

 今回の噂はもともと、“HOT 97”のファンクマスター・フレックスがジェイ・Zや彼のウェブサイト“Life+Times”に対し、怒りを露わにしたことをきっかけにインターネット上で広まった。同サイトはフレックスへのインタビューにて、ディップセット(ディプロマッツ)再結成への関与について質問。するとフレックスは打って変わり、同サイトのことを“ゴミ”呼ばわりしたり、自身のモバイル・アプリのアイディアが同サイトの取材を通じてジェイ・Zに盗まれ、“マグナ・カルタ・ホーリー・グレイル”サムスン・アプリで使われたなどと主張したそうだ。

 MediaTakeOut.comによる最初の報道では、フレックスのジェイ・Zに対する文句は、ジェイ・Zが投資家グループとともに同ラジオ局の買収契約に関与していることがきっかけになっていると推測していた。その投資家グループには、NBAニューヨーク・ニックスのスター選手であるカーメロ・アンソニーも含まれているとされた。

 なお、エブロやピーター・ローゼンバーグ、ローラ・スタイルズら“HOT 97”のパーソナリティーたちはこの噂話をからかい、20日には同ラジオ局を“HOV 97”などという名前で呼んでいた。

関連記事リンク(外部サイト)

主要4部門だけじゃないグラミー賞、最優秀ブルース・アルバムに注目
グラミー賞候補メーガン・トレイナーの来日公演が決定 デビュー・アルバムの日本盤も発売
オリー・マーズ、NYでオノ・ヨーコと初対面 オノの口から語られる英詞版「上を向いて歩こう」の誕生秘話も

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP