ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

グレイトフル・デッドの50周年記念ライブが7月にシカゴで開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

グレイトフル・デッドが結成50周年を記念して、7月3日、4日、5日の3日間再結成し、シカゴのソルジャー・フィールドでコンサートを行うと発表した。リーダーのジェリー・ガルシアが亡くなって(1995年8月9日)、グループは活動を停止し解散した。ガルシアが亡くなってからも20年が経つ。

グループは1965年、ベトナム戦争の反対運動でヒッピーによる派兵への反対を旗頭にしたフラワー・ムーブメントが巻き起こるサンフランシスコで結成された。正確には現在IT産業で栄えるシリコンバレーの北のパロ・アルトだ。サウンドはロックやフォークやジャズやカントリーが混じるもので、即興演奏を得意とするサイケデリック・サウンドと呼ばれた。1967年、アルバム「ザ・グレイトフル・デッド」でデビューした。

当時からすると彼等の活動はあまりにも異質で、シングルをヒットさせるわけでもなく、アルバムは余り売れず、しかしコンサートはいつも満員だった。そして最も奇異なのは、観客にカセットで演奏を録音する事を認めた事だ。観客は他のデッドのコンサートを録音した友達とテープ交換をする。デッドの場合即興演奏(アドリブ)が長いので、コンサートが異なれば演奏も異なる。そしてファンは意見交換しながらますますデッドにのめり込む。デッドとしてはコンサート・チケットが主な収入源だ。

今の時代から遙か昔のやり方だが。今U2はアルバムが売れず、新作をiPhoneのおまけにした。マドンナもアルバム売り上げは不調で、アルバム「MDNA」をコンサート・チケット購買者にタダでダウンロードさせた。U2もマドンナもグレイトフル・デッドもコンサートで稼ぐのは一緒だが、音楽業界用語で言えば、グレイトフル・デッドは「ファン・ベース」のやり方。ファンを大事にして大きくなっていく。

3日間の再結成コンサートにはオリジナル・メンバーの
ボブ・ウェア(ギター、ボーカル)
フィル・レッシュ(ベース、ボーカル)
ミッキー・ハート(ドラムス)
ビル・クルーツマン(ドラムス)に加え、
バンド「フィッシュ」からトレイ・アナスタシオ(ギター)、ジェフ・キメンティ(キーボード)とブルース・ホーンズビー(ピアノ)が参加する。ライブは1夜に2部行われる。

シカゴのソルジャー・フィールドはアメフト用の会場。6万人収容だが、フィールドに観客を入れたら10万人になるかも知れない。3日間で満員になったら、30万人を集める事になる。独立記念日の前後なので盛り上がるだろう。ヒッピー老人も多いかもしれない。当夜は2部構成なので、長時間ライブが予想される。現地時間の20日からチケットのメール・オーダーが始まる。

記事提供元:Musicman オススメBlog【高橋裕二の洋楽天国】

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP