ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

100歳超えて会社員だった福井福太郎さんから若者に贈る言葉

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年も各地で成人式が行なわれた。そこで本誌は、満100歳以上のお年寄りを撮影することをライフワークとし、昨年、東京・巣鴨に「百歳王写真館&寿ギャラリー」を構えた写真家・小野庄一氏(51)の協力のもと、今年の新成人126万人に向けて、人生の大先輩たちから人生の指針となるであろう金言をもらった。

 ここで紹介するのは、102歳の福井福太郎さん(神奈川県)。金言は「人生は自分次第で素晴らしくもなれば、つまらなくもなる」だ。

 去年まで藤沢市から東京都神田まで通勤する現役サラリーマンだった福井さん。

「新成人の皆さんには『利他』の精神を大切に、今ある命に感謝しながら日々を一生懸命生きてほしい」(福井さん)

◆百歳王写真館&寿ギャラリー
東京都豊島区巣鴨4-28-19 戸塚ビル1F

撮影■小野庄一

※週刊ポスト2015年1月30日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
針仕事で家計支えた103歳の女性「100年なんてアッという間」
化学調味料不使用 シンプルだからごまかせない醤油ラーメン
東京の行列店の冷やしラーメン 煮干しの香りが引き立つ一杯

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP