ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

娘を溺愛の父 彼氏ができ「井の頭公園でボートに乗れ」命令

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 夫婦の日常も様々だが、あらゆる夫婦のエピソードが、漫談家の綾小路きみまろにメールや手紙で続々と寄せられている。今回寄せられたのは、ご主人(54歳)がカード会社勤務の奥様(54歳)。ご主人は、高校時代のクラスメイトです。

 * * *
 高3の時から付き合い始めたんですが、夫は女の子みたいにゲンをかつぐんです。デートでも「私、井の頭公園でボートに乗りたい!」というと「ダメ! 恋人が行くと別れるので有名な所だから」と夫。

「じゃあ、江の島!」「女の神様がいて、嫉妬するからダメ」。「映画館は?」「初デートではダメ」。全部「別れるから」という理由で却下でした。結婚する前も、私はドレスの試着をしたかったのに、「『結婚が正式に決まる前にドレスを着ると別れる』というジンクスがあるんだ」と許してもらえませんでした。

 そんな夫との結婚生活も早26年。社会人の長男と大学生の娘がいて、夫は娘を溺愛しています。その娘が先日「パパとママに紹介するね」と彼氏を連れてきました。

 私は好印象だったんですが、夫は「気に入らん」と終始、不機嫌な表情。ところが翌日になると娘に「二人でディズニーランドへ行ってこいよ。シンデレラ城の前で彼と手をつなぎ、ホーンテッドマンションではキスをして、周りに見せつけてやれ」。急な変わり様に「何か変だわ」と思い、友達に聞くと「それ、全部、別れるゲンかつぎよ」。やっぱり、彼氏と別れさせるための作戦だったんです。

 でも、ディズニーランドに行った後も娘は彼氏とラブラブ。不満げな夫が「次は井の頭公園で、ボートに乗ってこい」。アナタ、バレバレだからやめなさい!

※週刊ポスト2015年1月30日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ディズニーランド アニメがメインコンセプトではないのだ
離婚記念にディズニーランドへ行く理由は楽しく別れたいから
ディズニーシーの配慮とオススメ食事方法をディズニー通解説

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP