ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『あの花』のスタッフが贈る青春群像劇第2弾『心が叫びたがってるんだ。』キービジュアル&映像解禁! [オタ女]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


2011年4月~6月までフジテレビのノイタミナ枠で放送され、2013年8月には劇場版も公開された『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(通称、あの花)』。TVアニメ放送終了後には大きな話題を呼び、作品の舞台となった埼玉県秩父市は聖地巡礼に訪れるファンで盛り上がりをみせました。劇場版も観客動員数77万人、興行収入10億円突破、興行収入ランキング7週連続トップ10入りを果たし、再び日本中を涙させた『あの花』。

そして今年、あの超平和バスターズの青春の日々を描いたスタッフが贈る、新たなオリジナルアニメ映画『心が叫びたがってるんだ。』が公開決定! 監督・長井龍雪氏、脚本・岡田麿里氏、キャラクターデザイン・田中将賀氏の『とらドラ!』『あの花』に続き再びタッグを組む、秩父を舞台に描かれる「青春群像劇」第2弾の劇場版完全新作オリジナルアニメーションです。

昨年12月に作品タイトルが発表され、スタッフと宙に浮かぶ帽子を被せた“玉子”のイラストのみが公開。多くのファンから、その情報を渇望されている今作のキービジュアルが遂に解禁! さらにビジュアル映像も公開となりました。


ビジュアル映像:http://youtu.be/wVv4QbMOrDo

教室の窓辺にひとりたたずむ少女。手には携帯電話。窓の外の赤や黄に色づく木々から季節は感じられますが、窓の外に浮かぶメルヘンチックなお城、空中で舞踏会でも繰り広げているような踊る人々は、机の上に置かれた“玉子”とともに、とても気になる存在です。映像ではベートーヴェンのピアノソナタ「悲愴」のメロディーとともに映し出されています。

『あの花』は、心の傷、葛藤、切なさなど、人間本来の姿に真正面から向き合いながらも、アニメにしか出来ないファンタジー要素も加わり、泣けるアニメとして話題を呼びました。心を揺さぶられる感動作に、アニメファンの枠を超えて若年層を中心に幅広い層から支持され大ヒット。今回も3人のヒットメーカーが紡ぎだす、人々の繊細な心を掴み、感情を刺激する物語に期待がふくらみます。他のキャラクターや声優キャストなど続報を待て!

『心が叫びたがってるんだ。』2015年 全国公開
監督:⻑井龍雪 脚本:岡田麿里 キャラクターデザイン:田中将賀
制作:A-1 Pictures
配給:アニプレックス
製作:「心が叫びたがってるんだ。」製作委員会

公式HP:
http://kokosake.jp

(C)KOKOSAKE PROJECT

nonの記事一覧をみる ▶

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP