ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あの憧れスーパーマーケットがデリのレシピを初公開! 自宅で再現できるよ~マガジンハウス担当者の今推し本『「紀ノ国屋」特製ワンランク上のお惣菜レシピ』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは、マガジンハウスです。いきなりですが、みなさんは「紀ノ国屋」と聞いてどんなイメージをお持ちですか? おしゃれなスーパーマーケット、変わった食材が売られている、ちょっと高級、お惣菜がおいしい……。はい、最後のもう一度お願いします。そう、“お惣菜がおいしい”! 今回は、そのワンクラス上の味わいで多くのファンを持つ紀ノ国屋のお惣菜、初のレシピ本をご紹介します。早速、担当編集のAさんにお話を伺ってみましょう。

――――あの紀ノ国屋さんの店頭に並んでいるデリのレシピと聞いて、「難しいんじゃないか?」と思ったんですが、読んでみると実はそうでもないんですね。
A 「仰る通り! 紀ノ国屋さんというと、敷居が高いと思われる方もいらっしゃるみたいですけれど、実際は、なじみのあるレシピが多く、入手が難しい材料も使ってないんです」

――――表紙にもなっている“ラタトゥイユボウル”も、ピーマンや玉ねぎ、ズッキーニなど、簡単に買える野菜で作れますもんね。
A 「ええ。でも味が格段においしくなるのは、ちょっとしたところが丁寧なんです。ラタトゥイユも、野菜をひとつひとつ、水分を飛ばしながらしっかり炒めるのがコツ」

――――自分で作るときは、材料全部一気に入れてガッと炒めちゃいます……。
A 「そうすると水っぽくなっちゃうんです。とろっと仕上がってご飯とよく合いますよ~」

――――おいしそう~(ヨダレ)。あとこれもすぐ作ってみようと思いました、“スウェーデン風ミートボール”。紀ノ国屋さんで売ってる生ハンバーグの生地を使うともっと手軽なんて、私のようなダラに耳よりな情報もあって。
A 「どのメニューも一般的な食材で作れるんですが、紀ノ国屋さんオリジナル食材も活用できるレシピには、その提案も記しています」

――――ほかにAさんおすすめのレシピはありますか?
A 「全部おすすめなんですけど(笑)、私はイギリスパンが好きなので、この“コンビーフスプレッドトースト”が特にお気に入りです。ビールやワインともよく合いますし」


AさんとPR担それぞれのお気に入りレシピ! 上・スウェーデン風ミートボール 下・コンビーフスプレッドトースト。

――――イギリスパンは1958年から発売と書いてありました。半世紀以上も売られているんですね! 
A 「海外の色んなパンを買うことができるのも、紀ノ国屋さんの魅力ですよね。レシピのほかには、日本初のスーパーマーケットとしての歴史をつづった読み物や、パンや加工肉を写真でずらりと見せるページなどもあるので、紀ノ国屋さんマニア(笑)の方にも楽しんでいただけるのでは。写真の料理も全部、紀ノ国屋の方々の手作りですから!」


紀ノ国屋といえばパンの種類が多いことにも定評が。フィンランドやドイツなどの難易度高そうなパンの、おすすめの食し方も解説。

―――ところでAさんご自身は、ふだんから紀ノ国屋ユーザーなんですか?
A 「もちろんです(笑)。中央線在住なので、割とお店も多くて助かります。最近はカスタードプリンにハマっていて、行くとつい買ってしまいますね」

―――おいしいですよね! しっかり焼かれていて、私も大好きです。……って、あれ? プリンのレシピが載ってないじゃないですか。
A 「それが、あのプリンは工程がとても複雑なんです。プロの技なんですね。手軽に作れるものではなかったので、この本ではご紹介できませんでした。是非、お店で買って味わってください」

―――あ、若い人や男性にもアピールしてください!
A 「(笑)ええと、ガッツリ系肉料理のレシピも満載です。しかも作り方はすごく簡単。きっとご期待に添えると思います」


とにかくお腹を満たしたい、それもおいしいもので! というワガママリクエストにもバッチリ対応します。左・シュークルートの煮込み 右・ジャンボンステーキ

今週の推し本

■「紀ノ国屋」特製ワンランク上のお惣菜レシピ(紀ノ国屋 著)
ジャンル : 料理
ISBN : 9784838727285
定価 : 1512円 (税込)
発売 : 2015.01.15
[http://magazineworld.jp/books/paper/2728/]

マガジンハウス PR担の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP