ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

オリー・マーズ、オノ・ヨーコが手掛けた「上を向いて歩こう」英語カヴァー誕生秘話に大感動

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
オリー・マーズ、オノ・ヨーコが手掛けた「上を向いて歩こう」英語カヴァー誕生秘話に大感動

photo by Ken Yoshioka and Eriko Wakamatsu
現在プロモーション来日中のUKポップスター=オリー・マーズが、来日前に滞在していたNYで、オノ・ヨーコ氏と初対面を果たしていたことが分かった。

最新アルバム「ネヴァー・ビーン・ベター」日本盤ボーナス・トラックとして収録されている「上を向いて歩こう」の英語カヴァー「ルック・アット・ザ・スカイ」は、オノ・ヨーコ氏が英語詞を手掛けた曲だ。

「上を向いて~」は、アメリカでは「SUKIYAKI」というタイトルで日本のみならずアジア圏の楽曲で現在においても唯一となる「ビルボードHOT100チャート1位」を記録した曲として有名だが、また同時に、各国でカヴァーされた同曲はオリジナルとは異なる歌詞となって広く浸透しているのも有名である。

同曲の誕生50周年を迎えた2011年、中村力丸(作曲者である中村八大の長男)氏が「“悲しみ/孤独”と“その先にある希望“を歌った、本来の意味を世界へ伝えたい」という想いから、日本と欧米の文化に最も精通した表現者であるオノ・ヨーコ氏へ英語詞を依頼、そして「SUKIYAKI」が全米1位を記録した1963年から50年目にあたる2013年、中村力丸氏が「坂本九にも通じる“親しみやすさ”と“エンターテイメント性”」を兼ね備えたオリー・マーズと出会い、「上を向いて~」の新スタンダート・ナンバー「ルック・アット・ザ・スカイ」は誕生した。

オリー・マーズ「凄く緊張したよ!でもオノ・ヨーコさんが“貴方に歌ってもらえて良かった。貴方はこの曲に新たな命を吹き込んだと思うの”と言ってくれたんだ。本当に嬉しかったよ!」と語った。

オノ・ヨーコは、「(この英語詞を引き受けることに)とても大きな責任を感じました。いつもは物事を楽な気持ちで進めることが多いから、今回は特にね。それから、人の歌詞を訳すのは今回が初めてだったの。でもこれは“私がやらなきゃ”と思った。“落ち込んでなんていられない。前を向いて歩こう”という、この曲に込められた想いだけは、絶対忘れてはいけないって。でも 私は空が好きだから、自然に出来たと思うわ」と語り、この対面の中で、「ルック・アット・ザ・スカイ」が自身にとって「他の人の曲を訳した」初めての曲だったことも明らかになった。

「ルック・アット・ザ・スカイ」は、徳光和夫が特別出演しているミュージック・ビデオも話題となっている。

「ルック・アット・ザ・スカイ」ミュージック・ビデオ

関連リンク

オリー・マーズ 日本オフィシャルサイトhttp://www.sonymusic.co.jp/ollymurs

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。