ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

苦手な平松政次との対戦 長嶋茂雄がおかしな打ち方した理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 プロ野球の世界で、1960年代後半の読売巨人軍は9年連続日本一をとげるなど特別な存在だった。その巨人に立ち向かったライバルのひとりに、対巨人51勝をあげた大洋ホエールズのエース・平松政次氏がいる。とくに通算対戦打率をわずか.193、8本塁打に抑えた長嶋茂雄氏との思い出について、平松氏が語った。

 * * *
 長嶋さんは僕を攻略するために、いろいろと工夫を巡らせていた。長嶋さんと親しかったニッポン放送の深沢弘アナウンサーに聞いた話ですが、大洋戦で僕に抑えられるとすぐに家に帰って深沢さんを呼び出す。それで長嶋さんは、ユニフォーム姿のままで深沢さんに「平松のフォームを真似てくれ!」といって投手に見立て、朝方まで素振りをしたそうです。

 ある対戦では、打つ瞬間にグリップを緩めてバットを落とし、グリップエンドを余して振ったこともあった。もともと長嶋さんはバットを目一杯長く持つタイプ。おかしな打ち方をするなァと不思議に思ったんです。現役時代にはどうしてそんな打ち方をするのか、なかなか聞く機会がなくて、僕の通算200勝達成パーティーの席でご本人に長年の謎をぶつけてみたら、こんな答えが返ってきた。

「平松を打つためにはバットを長く持っていては詰まると思った。でも最初からそうすれば、巨人の4番・長嶋がバットを短く持ったということで、ファンに申し訳が立たない。打つ瞬間なら分からないだろうと思ってね」

 最初からバットを短く持つのは、巨人と長嶋のプライドが許さない、ということだったんですね。

 でもそこまでやっても、キレのあるシュートがコースに決まれば打たれることはありませんでした。たとえバットを短く持っても同じ結果だったと思いますよ。

※週刊ポスト2015年1月30日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
長嶋茂雄氏 名古屋出身の巨人ファンに「ドラ応援しなきゃ」
V9巨人の守備職人 「長嶋さんと守った三遊間は驚きの連続」
巨人V9時代の二番手捕手 王・長嶋の素振り練習の凄さを語る

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP