ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ビターチョコレート菓子「ベイク ノワール」は大人の味わい–柑橘の香りが嬉しい♪

DATE:
  • ガジェット通信を≫

手にもっても溶けず、夏でも美味しくいただける、焼きチョコ「BAKE-ベイク-」シリーズ。
外側はパリッと香ばしく、中身はホロホロっとしっとりほろ苦い独特の食感が、なんともステキなチョコレート。

夏場と言わず、1年中食べたくなるお菓子ですが、このたび新しい商品が新発売されたのでさっそく食べてみました!

メーカーは、森永製菓。おしゃれでシックなデザインの黒い箱に入っており、1箱40gで個包装タイプのチョコレート。

最近は、こうした大人向けの高級でプレミアム感のあるお菓子が多いですね。

包装パッケージはブラック。
大人っぽい…というより「男らしい」印象を受けました。
チョコレート1粒(3.8g)あたりのカロリーは21kcalとなっています。
それではさっそく食べてみましょう。

チョコを取り出すと、たしかにオレンジやベルガモットと思われる柑橘系の香りがほのかに香ってきます。
エアー感があるせいか、大きさの割りにふんわり軽く感じます。

表面を焼き上げたビターチョコレートは、さくっと軽い口あたりと、とろけるなめらかな食感。
チョコレートのような、ケーキのような、なんど味わっても不思議な感覚です。

そして、予想以上に柑橘の味と香りが強い!
まるでオランジェット(オレンジなど柑橘の砂糖漬けをチョコレートで包んだお菓子)を、そのままチョコレートにした感じ。

大人の女性に向けたビターな味わいは甘すぎず品の良いほろ苦さ。
2月末までの期間限定「ベイク ノワール」は、一粒で贅沢な気分に包まれる大人のショコラです。

気になる方はぜひお試しください!

関連記事リンク(外部サイト)

「スーパーカップ キャラメルクッキー」はあっさりとした甘さで最後までおいしい。
ざくざくクッキーとチョコの相性が◎コンビニ先行販売「ショコルテ・ミルクチョコ」と「ショコルテ・ラム&レーズン」を食べくらべ!
ミニストップの新作“超高級”なチョコソフトをひと足お先に食べてきました!

カテゴリー : グルメ タグ :
もぐナビの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP