ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スガキヤ「プレミアム麺」評価は?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


愛知県名古屋市に本社を置く、スガキコシステムズが展開するラーメンや甘味などのチェーン店「スガキヤ」が、「新しい挑戦がはじまる。」と題して、新ブランドのキャンペーンを始め、話題となっている。

【もっと大きな画像や図表を見る】

ラーメンが300円~と超庶民派の同店が打ち出したのは、新ブランド“Sプレミアム”。1946年の創業当時から“お値打ち価格”で提供してきた同店が、「お客様からの“ちょっといいモノ”への期待」に応えるためだといい、「ちょっと贅沢」「あたらしい驚き」「こだわりの食材」をプラスしたサービスを提供する。その第1弾として「プレミアムラーメン」の販売が開始されているのだ。

「プレミアムラーメン」は専用肉を使用し、ボリュームは同店の300円ラーメンの9倍。厚切メンマは同2倍のボリューム、ネギも倍量、さらに過去の人気トッピングだった生玉子がついて390円だ。これが中部地方の人気店の新ラーメンということで、大きな話題となっている模様。ツイッターに寄せられている実食レポートをみてみると、

「スガキヤのプレミアムラーメンを食べたなう。チャーシューはちゃんとチャーシューになってる。それに結構分厚い。メンマも分厚くなってて食べごたえあり。スープもちょっとコクが増えてるような…?とりあえず、390円でこれならお買い得感あり!」
「肉大きいし、メンマにタマゴ付き、従来の濃い塩とんこつスープから麺に合うちょうど良い塩味といった感じか。これで特別価格390円なら良いな」
「スープは見た目と違いあっさり、チャーシューは大きく肉厚で味は前のまま、メンマも太くコリコリ!」

と、食べごたえとお値打ち感に満足する声が多数上がっている。しかし一方で、

「お肉以外普通のスガキヤのラーメンの味だった」
「具材がいつもよりちゃんとした感じになってたけど、麺とスープはいつものスガキヤ」
「たべてきた。チャーシューは味濃くておいしかった。あとは普通と同じかな!!!」

など、違いをそこまで感じられなかった…という感想も。ちなみにスガキヤでは通常メニューとして「肉入ラーメン」があり、こちらは380円。肉以外のトッピングがついていることも考えるとお得なのだが、“プレミアム”を冠するのにはもう一歩…という人もいたようだ。

とはいえ、地方の超有名チェーン店の新ブランドは始まったばかり。「プレミアムラーメン」に続く第2弾も楽しみにしたい。
(R25編集部)

スガキヤ「プレミアム麺」評価は?はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

ラーメン通注目の「製麺所」5選
新世代ラーメン「シェルラー」台頭
「プレミアム缶コーヒー」人気拡大
コンビニプレミアム商品を買う心理
プレミアム牛めし 特製七味が好評

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。