ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ヘルシー&高栄養! いま話題のミューズリーを作ってみた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

おしゃれな朝食として一躍ブームとなった「グラノーラ」。手軽に栄養が取れて便利だけれど、甘くて食べやすいグラノーラはカロリーが高く「太ってしまった……」なんて声も周囲の友人から聞こえてくる。

話題のシリアル「ミューズリー」は程よい甘さなので、甘いのが苦手な人にも◎

そんななか、グラノーラよりヘルシーということで注目を集めているのが「ミューズリー」だ。スイス生まれのヘルシーシリアル「ミューズリー」

ミューズリーは、オートミール(外皮を取り除いたオーツ麦を蒸してから圧縮して乾燥させたもの)をベースに、複数の穀物をブレンドし、ナッツ類、ドライフルーツを混ぜたスイス発祥のシリアル。アルプスの羊飼いが山へ登る時、朝食代わりに持ち歩いていたのが起源だとか。原料はグラノーラと一緒だが、グラノーラが植物性油脂やはちみつ、糖類、シロップなどを添加してオーブンで焼いているのに対し、ミューズリーは素材をそのままの状態で使用している。そのため、グラノーラ同様の栄養を低カロリーで摂ることができるのだ。自分の好みに合わせたオリジナルミューズリー作りに挑戦

実はこのミューズリー、シンプルな内容ゆえ自宅で簡単に手作りができてしまう。というわけで、さっそく作ってみることに!

【材料(カップ4~5杯分)】

写真右下が「オートミール」、左下が「押し麦」。ナッツ類、ドライフルーツはミックスタイプを使用

・オートミール…200グラム
・押し麦…100グラム
・アーモンドやクルミなどのナッツ類…50グラム
・お好みのドライフルーツ…50グラム

【作り方】

1.ナッツ類を食べやすい大きさに切り刻む。食べた時に食感が楽しめる少し大きめが◎。ドライフルーツもマンゴーやイチジクなど、大ぶりなものはカットしよう

2.1とほかの材料を混ぜ合わせればできあがり!

グラノーラのように焼成する時間が必要ないので、あっという間にできてしまった。フルーツを添えたり、一晩寝かせたり、楽しみ方はいろいろ

食べる時はヨーグルトや牛乳、豆乳などをかけよう。ドライフルーツの甘みだけでは物足りないという人は、お好みではちみつやジャムを足したり、フルーツを添えたりしてもOK。ヨーグルトや牛乳をかけて一晩寝かせて、フワフワになったオートミールや押し麦のプチプチした食感を楽しむなど、自分なりの食べ方を探してみるのもいいかもしれない。ミューズリーは味付けがされていない分、いろいろな食べ方ができて毎日飽きずに食べられそうだ。

食物繊維もたっぷり含んでいるミューズリーはダイエットにも一役買ってくれること間違いなし! 自分好みのミューズリーで、おしゃれな朝を過ごしてみよう!

(田村里佳+ノオト)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
CHINTAI情報局の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP