ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

韓国企業 仏で「ジャパニーズ・トイレ」と温水洗浄便座販売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

フランス人ジャーナリストのエチエンヌ・バラール氏が、日本で一番感動したというものは「温水洗浄便座」だという。フランスでは水が出てくる便座は一般的ではない。フランス人も感動するこの温水洗浄便座、フランスではどのようにして売られているのか。

 * * *
実は僕、フランスで自分の親のため、実家にウォシュレットをすすめたんです。すごくいいから、つけてあげるから使ってみなよ、と。

それで温水洗浄便座を探してみたんですが、どこにもない。

数年前の話だから今は改善されているかもしれませんが、フランスのメーカーで作っているところがないどころか、輸入もされていなかった。日本のメーカーと取り次いでくれるところもないんです。

それだけではなく、なんと韓国のメーカーが「ジャパニーズ・トイレ」という名前で販売していたんです。これには、日本のメーカーに頑張って欲しかったですね。

海外にもニーズはあるはずなのだから、努力すれば市場も作れるのではないかと。なぜ韓国メーカーが提供していて、日本メーカーがやらないのか、不思議に思いました。

自動で開閉するフタとか、音が流れる機能とか、ウケ狙いだけど小便器の的に尿を命中させるゲームとか、日本のトイレはおもしろい。

そうそう、まだ温水洗浄便座なんてなかった30年前から、水のリサイクル=手を洗った水がトイレに流れることにも感動しています。

すごくエコだと思うんです。資源を大切にしたり、スペースを節約するというのも日本の文化のひとつでしょうね。

●取材・構成/大木信景(HEW)

※SAPIO2015年2月号

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP