ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

厳しい高橋ジョージの束縛 妻はナマ足&胸もと開いた服禁止

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2007年にナイスカップル大賞、2011年にパートナーオブザイヤーを受賞し、“芸能界一のおしどり夫婦”として知られてきた三船美佳(32才)高橋ジョージ(56才)夫妻が、泥沼離婚裁判に突入したことが『スポニチ』のスクープで発覚した。

 同紙によれば、2013年末に三船が都内の自宅を出て大阪のマンションで別居を始め、昨年5月から離婚調停を行うも決裂、現在は訴訟に発展しているという。

 これまでの報道では、「高橋が家にいるときは、外出をしてはいけない」という“外出禁止令”の存在が離婚訴訟に至った原因とされているが、女性セブンの取材で判明したのは、高橋の耳を疑うような束縛ぶりだった。

 結婚当初、三船がまだ高校生だった時、高橋は彼女が放課後に友人と遊ぶことを禁止していた。もちろん部活動も禁止で、そんな高橋の意向により、彼女は卒業式のダンスパーティーにも参加できなかったという。

「報告」「連絡」「相談」といえば、仕事でも家庭でも、物事を円滑に進めるための基本的なコミュニケーションだが、この夫婦の場合は別である。三船には、1日のスケジュールを全て高橋に報告しなければいけないルールが課されていた。

「例えばママ友とランチをするにしても、どこで誰と何時までいるとか、何時に帰宅するとか、全部伝えなければいけないそうです。ある日、ママ友仲間でランチをしているとき、相手の名前や店名をご主人にメールしている彼女を見て、友人の一人が“普通、そんなこと旦那に報告しないよ?”って言ったら、“え? そうなの?”って彼女は驚いていました」(三船のママ友仲間)

 三船の出演する番組は欠かさず見るという高橋は、彼女の衣装チェックにも余念がなかった。

「三船さんは胸が大きいこともあって、薄着になると胸もとが強調されてしまうんです。高橋さんはそれを嫌がっていて、“そんなに胸もとが開いた服を着なくてもいいだろ”とダメ出しをすることがよくあったそうです。当然、ナマ足を露出する衣装も、もってのほかで、“別にジャージーでいいじゃん”などと冗談っぽく言うこともあったみたいですよ」(三船の知人)

 その他にも共演者との絡みもチェック。ちょっとでも色目をつかっているように見えると「チャラチャラするな!」と指導していたという。今回の離婚裁判について会見を開いた高橋はこう話している。

「行動はチェックしますけど、お互い夫婦はそうでしょう。どこにいるのとか、おれはどこにいて何時に帰るとか、連絡しあってさ」

 “外出禁止令”を否定しながらも、こう続けた。

「例えば彼女がカラオケに行くとなれば、何時に終わるのか、それが深夜2時だったとしても、おれが迎えに行くよって。“三船美佳が酔っ払ってこんな時間まで飲み歩いているんだ”ということが広まったりしたらいけないからね」

※女性セブン2015年2月5日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
三船美佳の手帳術 子育てを最優先し学校行事はピンクで記入
宇多田ヒカルの母で演歌歌手・藤圭子の離婚回数は7回、2人
高橋克也容疑者 麻原への強い信仰心背後に菊地直子との別れ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP