ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【難読駅名クイズ】「上ゲ」「開発」「金手」「動橋」中部編

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本には1万近くの駅があり、それらの駅名は地域の歴史・地理・文化に根ざしてつけられている。旅行や出張で初めての地を訪れた際、駅名が掲げられた看板を見て「これ、なんて読むんだろう?」と首を傾げた人は少なくないだろう。中部地方からピックアップした難読&珍読駅名の中から、あなたはいくつ読める?

(1)「開発」(富山県富山市)

(2)「動橋」(石川県加賀市)

(3)「轟」(福井県永平寺町)

(4)「金手」(山梨県甲府市)

(5)「上ゲ」(愛知県武豊町)

 答えは下に。





(1)「開発=かいほつ」
 原野や湿地帯などを新田開発したことに由来。福井にも越前開発(えちぜんかいほつ)駅がある。

(2)「動橋=いぶりはし」
「いぶる」は揺れることを示す。揺れる橋が近くの川にかかっていたことから名付けられた。

(3)「轟=どめき」
 九頭竜川の流れが轟くことに由来。騒ぐことを「どめく」といい、それに轟の字を当てたといわれる。

(4)「金手=かねんて」
 旧甲州街道が駅の南側で直角に曲がることから「鉤の手(かぎのて)」が由来になった説がある。

(5)「上ゲ=あげ」
 この地にあった岩田城の門「上ケ門(あけもん)」が略された。地名表記は「上ケ」と濁らない。

※週刊ポスト2015年1月30日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
【難読駅名クイズ】「左沢」「艫作」「愛子」北海道・東北編
【難読駅名クイズ】「神戸」「東浪見」「大谷向」ほか関東編
歌舞伎の世界を「梨園」と呼ぶ理由 由来は中国だった

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP