ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Da-iCE FCイベント開催 「Da-iCE(ダイス)の6面はファンだから、みんなも4周年おめでとう」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 結成4周年を迎えた男性5人組ダンス&ボーカルグループ Da-iCEが、1月17日に横浜ベイホール、18日に心斎橋サンホールにて、ファンクラブイベント【a-i contact(アイコンタクト)VOL.2】を行った。

 数十分でチケットが完売し、プレミアイベントとなった本イベントは、昼の部を“Da-iCEの昼からヒッパレ!”、夜の部を“ぶっつけ本番会!”として、全く違う内容のステージを展開。

 “Da-iCEの昼からヒッパレ!”は、ファンクラブ会員から寄せられた“Da-iCEの好きな楽曲”ランキングの、1位から10位までを紹介しながらライブパフォーマンスを披露するステージ。質問タイムでは「一番好きな歌詞は何か?」や「あの曲のタイトルはどういう意味なのか?」という問いに、各メンバーから楽曲に対する思いが語られた。そして、ランキング1位に選ばれたのは「I’ll be back」。デビュー前からの大切な楽曲の披露に、メンバーとファンの気持ちが一体となり、昼の部は最高の形で幕を降ろした。

 “ぶっつけ本番会!”は、サイコロを振って出た目に応じて様々なゲームに挑戦。即興トークに、隠し芸やモノマネ、目隠しテイスティングなど、Da-iCEメンバーの“ぶっつけ力”をテストするという芸人顔負けのチャレンジ。ジェスチャーゲームや、お客さんをステージに上げての絵描き伝言ゲームといった、メンバーとファンが共に笑って騒げるアットホームな内容に、「俺らの方がこんなに楽しくていいのかい?」とメンバーも困惑。

 さらに、サイコロで選ばれた曲を急遽パフォーマンスする“ぶっつけパフォーマンス”では、「New day」と「Umbrella」を披露。慌てて準備するメンバーだったが、曲が始まると顔つきが一転。きっちりとパフォーマンスし、感動を生んだ。「意外と体が覚えてるもんですね」とメンバーは語った。

 イベント終盤には、ファンから結成4周年のお祝いで予想外の逆サプライズ。メンバーは、「本当に嬉しい! だけど、Da-iCE(ダイス)の6面はファンだから、みんなも4周年おめでとうだ!」と暖かい空間を作り上げた。

 「なるべくアットホームなイベントにしたい」と、きめ細かいサービス精神で参加したファンを喜ばせたDa-iCE。「ファンとコミュニケーションをとれるこういう機会を大事にしたい」「今回来れなかったファンのためにすぐに次回をやりたい」と、早くも第3弾ファンクラブイベントへの意欲を見せた。

5月からは全国ツアー【Da-iCE Live House Tour 2015 – PHASE 4 -】が始まるDa-iCEの、更なる躍進に期待は高まるばかりだ。

関連記事リンク(外部サイト)

イケメン界の東大生 Da-iCE「目標は日本武道館」
ガールズバンド最速の武道館公演を実現、Silent Sirenが新たに提示した夢とは?
SKY-HI、Aimerら、アゲハスプリングス主催イベント第三弾出演アーティスト発表

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP