ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

1/26付ビルボードジャパンチャートおよび1/12~1/18 RADIO ON AIR DATA発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

音楽サイト「Billboard-Japan.com」を運営する阪神コンテンツリンクおよびプランテックは、プランテック提供による1月26日付ビルボードジャパンチャート Hot 100、Hot Animation、国内洋楽(集計期間:2015年1月12日〜1月18日)および2015年1月12日〜1月18日のRADIO ON AIR DATAを発表した。

B’z「有頂天」、水樹、セカオワを押さえ総合HOT100首位

今週のシングル総合チャート“HOT100”はB’zが1月14日にリリースしたシングル「有頂天」が首位を獲得した。

前作「GO FOR IT, BABY -キオクの山脈-」から2年9か月のシングルリリースとなった本作は、セールス、ルックアップで1位、エアプレイ3位、ツイッター4位となり、水樹奈々「エデン」の猛追を押さえ、総合首位に。一方「エデン」は、エアプレイ19位、セールス2位、ルックアップ3位、ツイート10位と、フィジカル2指標以外のポイントが伸び悩み、総合2位に留まった。

ダウンロードで1、2位を守るセカオワと三代目に食い込む勢いを見せたのは今週初登場でダウンロード3位となった、凛として時雨「Who What Who What」だ。他指標でも、エアプレイ21位、セールス4位、ルックアップ9位、ツイート5位と健闘、総合Hot100では4位につけた。

総合5位の米津玄師「Flowerwall」は、エアプレイ9位、セールス3位、ルックアップ12位、ツイート8位だったが、ダウンロードが19位と、従来のファン層のイメージとは違う指標でのポイントも積み上げており、新たな顧客層の拡大が読み取れる結果となった。

水樹奈々 新曲「エデン」がアニメチャート初登場首位獲得、時雨『PSYCHO-PASS』劇場版主題歌は2位に

今週のBillboard JAPAN Hot Animationは水樹奈々が1月14日にリリースした新曲「エデン」が初登場首位の座に着いた。

今回の新作「エデン」には「No Limit」「終末のラブソング」「Necessary」の計4曲が収録。シングルでリリースとなるが、収録曲すべてがA面扱いで、EP作品となっている。「エデン」はアニメのタイアップがついていないが、他楽曲は『DOG DAYS』、『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞』の主題歌や挿入歌として起用されている。前作「禁断のレジスタンス」に続き、初登場1位を獲得。ソロ名義では9度目のチャート制覇となった。先日、さいたまスーパーアリーナでアコースティックライブを行い、夏にライブツアーの開催を発表。2015年第1弾となる本作で首位獲得し、チャートアクションでも勢いのあるスタートダッシュとなった。

2位には人気シリーズ『PSYCHO-PASS サイコパス』の劇場版主題歌、凛として時雨「Who What Who What」が初登場。テレビシリーズの第1期、2期に続き、主題歌を務めた彼ら。セールス、デジタル、エアプレイなど各指標で前作「Enigmatic Feeling」よりも高いポイントを獲得したが、水樹奈々の強さに一歩届かず惜しい結果に。1月23日放送の「ミュージックステーション」(テレビ朝日)に出演することが決定しており、次週以降もチャートに影響があると予想される。バンドが地上波音楽番組に出演するのは2年ぶりとなる。

3位には神田沙也加とギタリスト、BillyによるユニットTRUSTRICKの「FLYING FAFNIR」が1月14日のパッケージリリースを受け、先週6位からジャンプアップ。同曲はTBS系「銃皇無尽のファフニール」オープニングテーマ。

オリー・マーズ TOP3が不動の洋楽チャートで、2週連続首位をキープ

1月14日に最新アルバム「ネヴァー・ビーン・ベター」をリリースしたオリー・マーズの「ラップド・アップ feat.トラヴィー・マッコイ」が、Billboard JAPAN洋楽チャートにて2週目の1位に輝いた。

過去にイギリス国内でリリースしたアルバム3作が全英1位、全英シングル・チャートでも4作品が1位を記録している国民的ポップスター、オリー・マーズ。最新アルバム「ネヴァー・ビーン・ベター」の日本盤リリースに伴い、リード・トラックの「ラップド・アップ feat.トラヴィー・マッコイ」が、エアプレイ・チャートで遂に1位を記録、デジタル・セールスでも順調にポイントを伸ばし、洋楽チャートで1位となった。今週アルバムのプロモーションの為に来日していることもあり、メディア露出が増えることでエアプレイ・ポイントにtwitterポイントも加わり、その勢いはさらに増し、来週もトップの座をキープすることが予想される。

2位のサム・スミスの「ステイ・ウィズ・ミー~そばにいてほしい」、そして3位のマーク・ロンソンの「アップタウン・ファンク feat.ブルーノ・マーズ」は、先週と同じ順位に落着。マーク・ロンソンは、エアプレイ・チャートで下降気味だが、上位2者を上回るデジタル・セールスとtwitterポイントで健闘している。

6位にジャンプアップしたのは、今週チャートイン11週目のメーガン・トレイナーの「オール・アバウト・ザット・ベース」。全米では600万ダウンロード・セールスを突破し、グラミー賞主要2部門にノミネートされいる話題の新人メーガンによるデビュー・アルバム「TITLE」が、1月13日(日本盤は3月)に世界リリースされたことをきっかけに、トップ10圏内に再浮上。日本盤のリリースに向けて、再びチャートを賑わしそうだ。

そして、10位にはグラスゴーの至宝ベル&セバスチャンの「ザ・パーティ・ライン」が初登場。1月13日にリリースされた最新アルバム「ガールズ・イン・ピースタイム・ウォント・トゥ・ダンス」収録のこのナンバーは、ポップで軽快なメロディとディスコ調なサウンドが受け、エアプレイ・チャートではトップ20圏内に大幅にジャンプアップ。2月には久しぶりの来日公演を控えていることもあり、今後の動きに注目したい。

第1位はクナッパーツブッシュの名盤「ブル8」、小澤征爾のベートーヴェン最新録音が第2位

今週のBillboard JAPAN Top Classical Albums第1位は、今年没後50年を迎える指揮者ハンス・クナッパーツブッシュの「ブルックナー 交響曲第8番」が堂々のチャートイン。ベートーヴェンの<フィデリオ>序曲、<レオノーレ>序曲第3番が特別収録された2枚組だ。最晩年の名盤中の名盤として名高いこのブルックナーは、1963年ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団との共演。そして今回新たにカップリングされたベートーヴェンは1961年バイエルン国立管弦楽団との共演となっている。これまで発売されてきたビクター音源のマスターから、今回新規の最新リマスターによる再発売。福島章恭氏、吉田光司氏、柴田龍一氏、藤井宏氏による解説8ページ掲載の保存盤だ。

第2位には小澤征爾によるベートーヴェン新録音がチャートイン。小澤征爾が館長を務める水戸芸術館のレジデント・オーケストラ、水戸室内管弦楽団と2014年に行った交響曲第4番と第7番のライヴを収録したもの。小澤征爾にとってはサイトウ・キネン・オーケストラとのツィクルス以来のベートーヴェン新録音。「ミニ・サイトウ・キネン」とも呼ばれる水戸室内管弦楽団の、クオリティの高い演奏が冴え渡る名演奏となっている。このリリースは2015年9月1日に80歳を迎える小澤征爾の傘寿を記念した「小澤征爾キャンペーン」の一環であり、今後に続く怒濤のリリースからも目が離せない。

第6位には、ヴァイオリニスト千住真理子のデビュー40周年を記念したアルバム第2弾としてリリースされた「心の叫び~イザイ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ全曲」がチャートイン。イザイは千住がライフワークとして取り組んでいきたい作曲家の一人として挙げており、この無伴奏組曲は技術的にも音楽的にも起伏に富んだ難曲として知られる。リリースを記念しイザイ無伴奏全曲の演奏会を開催。東京では1月31日に演奏に接することができる。また第9位にはデビュー40周年に先駆けてリリースされた初のベスト・アルバム『千住真理子ベスト』が3度目のチャートインを果たした。「ツィゴイネルワイゼン」「G線上のアリア」「別れの曲」など、誰もが知る名曲の数々を、ファンからのリクエストを基に選曲し収録している。

今週も先週に引き続きピアニスト辻井伸行のアルバムが大量チャートイン。第8位に有名クラシック曲を集めた『THE BEST』が4度目のチャートイン、13位にリスト・アルバム『ラ・カンパネラ~ヴィルトゥオーゾ・リスト!』が8度目のチャートイン、15位に『英雄ポロネーズ/ラ・カンパネラ 日本ツアー<ショパン&リスト>』が24度目のチャートイン。そして19位に佐渡裕指揮、辻井伸行のピアノ、BBCフィルハーモニックの演奏による、チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番他を収録したアルバムのチャートインとなった。辻井伸行、佐渡裕ともに年末年始にTVドキュメンタリー番組が多数放映され、注目が集まるアーティストとなっている。

他、第3位は福岡県の精華女子高等学校吹奏楽部『挑戦!ブラバン少女』が3度目のチャートイン。第4位には中学生のピアニストとヴァイオリニストの成長を描いたアニメ「四月は君の嘘」より『四月は君の嘘 僕と君との音楽帳』が8回目のチャートイン。第5位は『0歳からの育脳クラシック』で、137回目のチャートインなど先週から連続で上位を占める顔ぶれのチャートとなった。

text:yokano

2015年1月26日付 Billboard Japan Hot 100

順位 先週の順位 曲名 アーティスト名 発売 発売日 チャートイン回数 1 30 有頂天 B’z VR 20150114 4 2 – エデン 水樹奈々 K 20150114 1 3 2 Dragon Night SEKAI NO OWARI TF 20141015 14 4 – Who What Who What 凛として時雨 SMAR 20150114 1 5 48 Flowerwall 米津玄師 US 20150114 2 6 3 瞳 大原櫻子 V 20150107 3 7 1 KAGUYA NEWS JE 20150107 2 8 14 ラップド・アップ feat.トラヴィー・マッコイ オリー・マーズ SMJI 20150114 5 9 36 FLYING FAFNIR TRUSTRICK C 20150114 2 10 4 R.Y.U.S.E.I. 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE RZN 20140625 32 11 16 ステイ・ウィズ・ミー~そばにいてほしい サム・スミス UI 20150121 6 12 – KAKUMEI Silent Siren DRM 20150225 1 13 5 Darling 西野カナ SMER 20140813 23 14 22 ヒロイン back number US 20150121 4 15 9 O.R.I.O.N. 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE RZN 20141210 9 16 – Cry out ONE OK ROCK ASI 20150211 1 17 18 アップタウン・ファンク feat.ブルーノ・マーズ マーク・ロンソン SMJI   8 18 37 RPG SEKAI NO OWARI TF 20130501 70 19 31 GALAXY キュウソネコカミ V 20150114 2 20 15 Mr.Snowman E-Girls RZN 20141126 9

2015年1月26日付 Billboard Japan Hot Animation

順位 先週の順位 曲名 アーティスト名 発売 発売日 チャートイン回数 タイアップ 1 – エデン 水樹奈々 K 20150114 1 (声優) 2 – Who What Who What 凛として時雨 SMAR 20150114 1 映画『劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス』主題歌 3 6 FLYING FAFNIR TRUSTRICK C 20150114 2 TBS系「銃皇無尽のファフニール」オープニング 4 7 RPG SEKAI NO OWARI TF 20130501 80 映画『映画クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル!!』主題歌 5 5 GALAXY キュウソネコカミ V 20150114 2 CX系「ドラゴンボール改」エンディング 6 3 ひまわりの約束 秦基博 AOJ 20140806 24 映画『STAND BY ME ドラえもん』主題歌 7 4 Story AI TO 20130213 6 映画『ベイマックス』より 8 8 冬がくれた予感 BiBi~絢瀬絵里(南條愛乃),西木野真姫(Pile),矢澤にこ(徳井青空)from μ’s~ LA 20141224 3 MXTV他「ラブライブ!」より 9 9 シルエット KANA-BOON KMU 20141126 7 TX系「NARUTO-ナルト-疾風伝」オープニング 10 1 border ClariS SMER 20150107 2 MXTV他「憑物語」エンディング 11 2 Let Me Hear Fear,and Loathing in Las Vegas VAP 20150107 2 NTV系「寄生獣 セイの格率」オープニング 12 – 神様の神様 ハナエ UI 20150114 1 TX系「神様はじめました◎」オープニング 13 11 シルシ LiSA ANP 20141210 5 MXTV他「ソードアート・オンラインII マザーズ・ロザリオ編」エンディング 14 19 熱情のスペクトラム いきものがかり ERJ 20141015 17 TBS系「七つの大罪」オープニング 15 16 光るなら Goose house SMR 20141119 8 CX系「四月は君の嘘」オープニング 16 17 ゲラゲラポーのうた キング・クリームソーダ AVT 20140430 34 TX系「妖怪ウォッチ」オープニング 17 18 星のうつわ スキマスイッチ AOJ 20141203 6 映画『THE LAST -NARUTO THE MOVIE-』主題歌 18 – セレブレート(フロム・ペンギンズ・オブ・マダガスカル) ピットブル SMJI 20141126 5 映画『ザ・ペンギンズ・オブ・マダガスカル』より 19 – お願い!シンデレラ THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS C 20130410 3 (声優) 20 15 courage 戸松遥 SM 20141203 6 MXTV他「ソードアート・オンラインII」オープニング

2015年1月26日付 Billboard Japan 国内洋楽

順位 先週の順位 曲名 アーティスト名 発売 発売日 チャートイン回数 1 1 ラップド・アップ feat.トラヴィー・マッコイ オリー・マーズ SMJI 20150114 5 2 2 ステイ・ウィズ・ミー~そばにいてほしい サム・スミス UI 20150121 6 3 3 アップタウン・ファンク feat.ブルーノ・マーズ マーク・ロンソン SMJI   8 4 6 リヴィング・フォー・ラヴ マドンナ UI 20150311 3 5 5 シェイク・イット・オフ~気にしてなんかいられないっ!! テイラー・スウィフト UI 20141029 21 6 17 オール・アバウト・ザット・ベース メーガン・トレイナー SMJI 20150304 11 7 7 オンリー・ワン カニエ・ウェスト feat.ポール・マッカートニー UI   2 8 8 ラザー・ビー feat.ジェス・グリン クリーン・バンディット WMJ 20140611 19 9 10 ブランク・スペース テイラー・スウィフト UI 20141029 9 10 – ザ・パーティ・ライン ベル&セバスチャン HSE 20150114 1 11 13 サムシング・ニュー アクスウェル^イングロッソ UI   2 12 14 リップス・アー・ムーヴィン メーガン・トレイナー SMJI 20150304 2 13 4 ハッピー ファレル・ウィリアムス SMJI 20140430 53 14 – クレイヴ・ユー feat.ジゼル フライト・ファシリティーズ HSE 20150121 1 15 – ヒーローズ(ウィ・クッド・ビー) feat.トーヴ・ロー アレッソ UI   1 16 9 スティール・マイ・ガール ワン・ダイレクション SMJI 20141119 14 17 12 ルード★それでも僕は結婚する マジック! SMJI 20140924 24 18 – セレブレート(フロム・ペンギンズ・オブ・マダガスカル) ピットブル SMJI 20141126 16 19 – シュガー・ダディー ディアンジェロ & ザ・ヴァンガード SMJI 20150204 1 20 – カミング・ウィズ・ユー Ne-Yo(ニーヨ) UI 20150128 1

RADIO ON AIR DATA 1/12~1/18 TOP5

順位 曲名 アーティスト名 1 ステイ・ウィズ・ミー〜そばにいてほしい サム・スミス 2 ラップド・アップ feat.トラヴィー・マッコイ オリー・マーズ 3 GALAXY キュウソネコカミ 4 有頂天 B’z 5 FLYING FAFNIR TRUSTRICK

関連リンク

阪神コンテンツリンク:http://hcl-c.com/
プランテックhttp://www.hotexpress.co.jp/plantech/
Billboard-Japan.com:http://www.billboard-japan.com

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。