ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【料理初心者も】Google Glassと連動の料理アプリ ハンズフリーで好きなレシピに挑戦しよう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

cookalong2015年、新しい年を迎えて、「今年こそ、何か新しいことを始めてみよう」と考えているかもしれない。中には、料理を始めてみたい、上手になりたい、という人もいるだろう。

Google Glassと連動する料理アプリ

最新のテクノロジーの力を借りて、そんな料理初心者を応援するツールが登場している。食品関連サービスを提供するGressingham Duckが、広告制作のKnitとパートナーシップを組み、誕生したのが「cook along app」だ。

このアプリの1番の特徴は、Google Glass向けに特化されている点。料理の初心者にとっては、調理器具や材料を用意するのも、包丁を持って切る作業も、何から何まで不慣れで手一杯。いちいちレシピ本のページを開いたり、スマートフォンやタブレットをタッチ操作しながら、それらの作業をつつがなくおこなうのは、実に難しいことだろう。

ハンズフリーなので調理に集中できる

そこで便利なのがウェアラブルデバイスであるGoogle Glass。ハンズフリーで調理に集中できるというわけだ。必要な材料の用意から調理法まで、ステップごとに1つ1つの調理手順を音声で指示してくれる。また、必要に応じて動画やテキストなどの情報も適宜表示する。

cookalong2料理初心者はその指示に従って、落ち着いて調理ステップを進めていける。ユーザー自身も、音声でアプリに指令を送ったり、ジェスチャーで操作することができる。

スマホの画面を汚す心配もなし!

ハンズフリーなので、調理の手を止めることなく作業を進められるし、調理材料にまみれた汚れた手でタブレットをタッチしなくてもよく、衛生的なのもよいところ。

また、料理初心者だとレシピを探してくることからして、すでに気が遠くなる作業かもしれないが、Duckが保有している膨大な数のレシピから、きっとこれは!というレシピが見つかるはず。

調理という昔ながらの作業と、Google Glassのような最新技術とのドッキング。こういった試みは今後もますます増えていきそうである。

cook along app

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。