ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ビルボード】オリー・マーズ TOP3が不動の洋楽チャートで、2週連続首位をキープ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1月14日に最新アルバム『ネヴァー・ビーン・ベター』をリリースしたオリー・マーズの「ラップド・アップ feat.トラヴィー・マッコイ」が、Billboard JAPAN洋楽チャートにて2週目の1位に輝いた。

 過去にイギリス国内でリリースしたアルバム3作が全英1位、全英シングル・チャートでも4作品が1位を記録している国民的ポップスター、オリー・マーズ。最新アルバム『ネヴァー・ビーン・ベター』の日本盤リリースに伴い、リード・トラックの「ラップド・アップ feat.トラヴィー・マッコイ」が、エアプレイ・チャートで遂に1位を記録、デジタル・セールスでも順調にポイントを伸ばし、洋楽チャートで1位となった。今週アルバムのプロモーションの為に来日していることもあり、メディア露出が増えることでエアプレイ・ポイントにtwitterポイントも加わり、その勢いはさらに増し、来週もトップの座をキープすることが予想される。

 2位のサム・スミスの「ステイ・ウィズ・ミー~そばにいてほしい」、そして3位のマーク・ロンソンの「アップタウン・ファンク feat.ブルーノ・マーズ」は、先週と同じ順位に落着。マーク・ロンソンは、エアプレイ・チャートで下降気味だが、上位2者を上回るデジタル・セールスとtwitterポイントで健闘している。

 6位にジャンプアップしたのは、今週チャートイン11週目のメーガン・トレイナーの「オール・アバウト・ザット・ベース」。全米では600万ダウンロード・セールスを突破し、グラミー賞主要2部門にノミネートされいる話題の新人メーガンによるデビュー・アルバム『TITLE』が、1月13日(日本盤は3月)に世界リリースされたことをきっかけに、トップ10圏内に再浮上。日本盤のリリースに向けて、再びチャートを賑わしそうだ。

 そして、10位にはグラスゴーの至宝ベル&セバスチャンの「ザ・パーティ・ライン」が初登場。1月13日にリリースされた待望の最新アルバム『ガールズ・イン・ピースタイム・ウォント・トゥ・ダンス』収録のこのナンバーは、ポップで軽快なメロディとディスコ調なサウンドが受け、エアプレイ・チャートではトップ20圏内に大幅にジャンプアップ。2月には久しぶりの来日公演を控えていることもあり、今後の動きに注目したい。

関連記事リンク(外部サイト)

1月26日付 Billboard JAPAN 国内洋楽チャート
2CELLOSが東京タワーにて大盛況の迫力フリーライブを敢行 ノッポンも登場したゆるふわトークも
サム・スミス グラミー最有力候補の新人による日本デビューALが遂に発売、5月に単独公演も決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP