ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

デビュー30周年のdip in the pool、10枚目のアルバム発売&16年ぶりのインストアライヴ開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

デビュー30周年を迎えた甲田益也子(Vo)と木村達司(Composer)によるユニット、dip in the poolが3年半ぶりのアルバム『HIGHWIRE WALKER』を1月21日にリリースする。

1982年から84年にかけて『anan』の専属モデルを務めたヴォーカルの甲田は現役トップモデルとしても活躍。Composerの木村は昨年亡くなった音楽プロデューサー、佐久間正英のユニットであるblue et bleuのプロデュースを手がけるなどモデル、プロデュース業を30年以上継続している2人が、通算10枚目のアルバムを完成させた。

今作にはライヴで何度か演奏するもレコーディング音源としては初となる映画『南太平洋(ミュージカル)』の挿入歌「Bali Ha’i」のカバー、木村が参加したユニット・Portmanteauの音源が初出である「toast to my shadows」のリテイク、カナダのアーティストCFCFとの共作「a king unseen」を収録。癒し、落ち着き、和み、穏やかな気分を提供してくれる8曲が聴ける。

1月23日(金)19:00からは、タワーレコード渋谷店3Fイベントスペースで約16年ぶりのインストアライヴを開催。3月には3都市ライヴツアー「HIGHWIRE TRIP」も予定している。今年は記念すべきデビュー30周年というキャリアを誇りながらも、いつの時代にも流されないdip in the poolの独自性が、いかんなく発揮されるはずだ。

「Bali Ha’i」MV
https://www.youtube.com/watch?v=mR_XriVEB3s

アルバム『HIGHWIRE WALKER』
2015年1月21日発売
BZCS-1116/¥1,852+税
<収録曲>
01.Bali Ha’i
02.a boat sublime
03.Northern Lights
04.toast to my shadows
05.the house of change
06.Air-fish
07.Woman
08.a king unseen

3都市ライヴツアー「HIGHWIRE TRIP」
3月13日(金) 東京
3月21日(土) 宮城 仙台
3月28日(土) 京都

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
『HIGHWIRE WALKER』 特設サイト
佐久間正英が遺したもう一つのプロジェクト「blue et bleu」が初の音源化

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP