ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ラーメン通注目の「製麺所」5選

DATE:
  • ガジェット通信を≫


秘伝のタレにこだわりのスープ。とかく「汁」が注目されがちだが、ラーメンはやはり「麺類」なのだ。店名に「麺屋」を掲げるラーメン屋も多く、ラーメン通たちは「麺」にもこだわりを持つ。そんなラーメン通の厳しい舌にこたえるべくしのぎを削るのが、各地の有名店に麺を卸す「製麺所」だ。とりわけラーメン通の間で名高い製麺所を紹介しよう。

【もっと大きな画像や図表を見る】

●三河屋製麺
ラーメン店のオーダーに合わせたカスタム麺の提供で知られ、「金色不如帰」「らあめん元」など、名だたるラーメン職人からの信頼が厚い。端麗な醤油スープに合う麺から、歯ごたえとのど越しで迫るつけ麺用まで、多彩な麺を提供している。

●カネジン食品
北海道で創業し、ゼロ年代になって東京に進出した新顔。しかし、「せたが屋」「けいすけ」「ボンドオブハーツグループ」などの有力店に麺を卸し、勢力を拡大中。手もみ風のランダム食感の麺など、テクスチャーを追求した麺の存在感が際立つ。シンガポール、タイにも工場を展開するアクティブな製麺所。

●浅草開化楼
極太麺+濃厚つけ汁で人気を集めた「六厘舎」につけ麺用麺を提供したことで大ブレイク。極太つけ麺ブームの陰の立役者と言ってもいい存在で、つけ麺ファンから根強い人気を誇る。プロレスラーの顔も持つ営業担当・負死鳥カラス氏の情報発信も見事。

●麺屋 棣鄂(ていがく)
今、ラーメンフリークが最も注目している製麺所。本社工場は京都にあるが、「麺や福一」「らぁ麺 やまぐち」など首都圏の人気店での採用も増えており、話題を呼んだ。麺を追求するマエストロから信頼されている。

●酒井製麺
横浜市内だけで150店以上あるという横浜のご当地ラーメン「横浜家系」御用達の製麺所。もともと、うどん麺の製造で知られていて、もっちり食感の太麺が得意。

このほか、札幌味噌ラーメンを支える「西山製麺」、尾道ラーメンをバックアップした「はせべ製麺」など、ご当地ラーメンと密接に結びついた有力製麺所も多い。

また、松戸市で大行列を作る「中華蕎麦 とみ田」や、国内外に展開する「ラーメン 凪」など、有力店が自ら製麺機能を持ち、他店舗に麺を卸すという動きも見られる。

麺の開発競争は、スープに負けず劣らずホット。ツルルン、シコシコ、モッチモチ…麺の旨みをいっぱいに噛みしめ、ラーメンを楽しく、そして美味しく平らげたい。

(佐々木正孝)
(R25編集部)

ラーメン通注目の「製麺所」5選はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

男たちが「オレ麺」作りにハマる理由とは?
ラーメン王推薦!台湾まぜそば3選
ラーメン消費量全国1位の県は?
乾麺パスタを生パスタ風にする方法
話が弾む!元祖大衆グルメ誕生秘話

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP